与謝野晶子の源氏物語 中 六条院の四季

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784044084028

与謝野晶子の源氏物語 中 六条院の四季

  • 著者 与謝野 晶子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784044084028

情熱歌人が愛し訳した王朝の恋物語! こなれた訳文で、通読に最適。

息子の親友に若妻を犯された中年光源氏は、若き日の過ちを悔いる・・・・・・。情熱歌人・与謝野晶子が恋物語としての面白さを濃縮して翻訳した『新訳源氏物語』。読みやすくて挿絵入り。「藤袴」から「総角」まで1

メディアミックス情報

NEWS

「与謝野晶子の源氏物語 中 六条院の四季」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本書は、「藤袴:30帖」(源氏の君37歳)~「総角:47帖」(薫の君24歳)。所詮、通読の域ではあるが、読んで気付く、副題(六条院の四季)の意味深さに。源氏の君中年以降の邸宅「六条院」には、4つの御殿 本書は、「藤袴:30帖」(源氏の君37歳)~「総角:47帖」(薫の君24歳)。所詮、通読の域ではあるが、読んで気付く、副題(六条院の四季)の意味深さに。源氏の君中年以降の邸宅「六条院」には、4つの御殿と春夏秋冬に合わせた庭園があり、春(の御殿)には紫の君、夏には花散里の君、秋には(秋好)中宮、冬には明石の君が住んだという。物語の中心人物は、源氏の君から(不義の子)薫の君へと交代してゆく。所々の挿画(梶田半古画作)が白黒ではあるが雰囲気を醸し出している。                       …続きを読む
    Gotoran
    2013年08月10日
    12人がナイス!しています
  • 死んだかと思わせて生きているのは連載物語に時々ある展開だね。ほとんど冗長で何が起きているのかわからない。 死んだかと思わせて生きているのは連載物語に時々ある展開だね。ほとんど冗長で何が起きているのかわからない。
    記憶喪失した男
    2016年04月28日
    6人がナイス!しています
  • どうしても至高の谷崎潤一郎訳と比べてしまいます。全54帖のうち最も好きなのは、紫の上が亡くなる「御法(みのり)」と、残された源氏を描いた「まぼろし」ですが、与謝野晶子訳では思いのほかあっさり描かれてい どうしても至高の谷崎潤一郎訳と比べてしまいます。全54帖のうち最も好きなのは、紫の上が亡くなる「御法(みのり)」と、残された源氏を描いた「まぼろし」ですが、与謝野晶子訳では思いのほかあっさり描かれていて、物足りなく感じました。谷崎潤一郎訳では、源氏と紫の上の心情が溢れるように伝わってきて、思わず泣きそうになったけれど、今回はそういうこともありませんでした。日本語のたおやかな美しさという点では、谷崎潤一郎訳のほうが数段上だと思います。読みにくくても、難しくても、私は谷崎潤一郎訳が好きです。付箋188枚。 …続きを読む
    Rika
    2014年12月10日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品