姥捨てバス

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784048380010

姥捨てバス

  • 著者 原 宏一
  • カバーイラスト 村田 善子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784048380010

「子どもを捨てることにしました」姥一同より

運転手の俺は、「姥捨てバス」らしいというデマを逆手にとって年寄りを山の中の鄙びた旅館に連れて行くツアーで一儲けしようとする相棒に振り回されっぱなし。だが、数日後、ツアー客の婆さん全員がいなくなった!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「姥捨てバス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 最近お気に入りの原さん。話の着想は見事!面白いアイデアだなぁ。現実的にはあり得ないだろうけど世のお年寄りが少なからずこんな事を悩んでるのでは?と思ったり。話の展開は早いのでサクサク読了! 最近お気に入りの原さん。話の着想は見事!面白いアイデアだなぁ。現実的にはあり得ないだろうけど世のお年寄りが少なからずこんな事を悩んでるのでは?と思ったり。話の展開は早いのでサクサク読了!
    りょうこ
    2014年07月10日
    45人がナイス!しています
  • 無認可の白バスで強引な相棒と婆さん向けのツアーを組む独身のおれ。山奥の秘境温泉地に連れて行く内容であったが一時的な気の迷いで一人の客が失踪する。「姥捨ツアー」としての噂。大手旅行会社の追従危機を乗り切 無認可の白バスで強引な相棒と婆さん向けのツアーを組む独身のおれ。山奥の秘境温泉地に連れて行く内容であったが一時的な気の迷いで一人の客が失踪する。「姥捨ツアー」としての噂。大手旅行会社の追従危機を乗り切り150人の参加者が集まり、おれの母も参加。姥捨山ならず、参加者達が子供を見捨てて地下壕に雲隠れ。母から聞かされた温泉の番人の白熊五郎の過去。諜報兵として大本営の信州の地下壕を守って来た。白バス営業を止める決意をしたおれ。相棒と別れる。地下壕に引き返す。地震発生で壊滅?聞こえて来た相棒の声と確認出来た生存。 …続きを読む
    テディ
    2017年07月15日
    42人がナイス!しています
  • すっかり忘れていて再読。姥捨山でツアー客が行方不明に。 この頃の原宏一さんの小説の根底のグレーな色は、なかなかなものです。万人受けはしないけど、よく描ききったなという感じで。 すっかり忘れていて再読。姥捨山でツアー客が行方不明に。 この頃の原宏一さんの小説の根底のグレーな色は、なかなかなものです。万人受けはしないけど、よく描ききったなという感じで。
    ジュール リブレ
    2019年09月14日
    34人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品