試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041003725

さよならの空

  • 著者 朱川 湊人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041003725

直木賞作家の初期作品、待望の文庫化

女性科学者テレサが開発した化学物質ウェアジゾンによって、夕焼けの色が世界中から消えてしまう事態に。最後の夕焼けを迎える日本で、テレサと小学生トモル、”キャラメル・ボーイ”らはある行動に出る……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「さよならの空」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★☆☆20033【さよならの空 (朱川 湊人さん)】フロンの影響でオゾンホール発生が頻繁化し、強い紫外線の降り注ぎが地球規模で問題に。開発した化学物質を使って食い止めたものの、夕焼けが見えなくなっ ★★★☆☆20033【さよならの空 (朱川 湊人さん)】フロンの影響でオゾンホール発生が頻繁化し、強い紫外線の降り注ぎが地球規模で問題に。開発した化学物質を使って食い止めたものの、夕焼けが見えなくなった。という設定の話。最初はSFパニック系の作品か?と思ったのですが、後半はほのぼのファンタジー風になってました。まあ、ジャンルはどうあれ、朱川さん作品、考えさせられる事柄が満載!世間話ですが、最近、異常現象が多くなってますね。二酸化炭素,フロンによる温暖化!放射能!ウイルス!マグマ活発化!地球大丈夫か? …続きを読む
    相田うえお
    2020年03月22日
    104人がナイス!しています
  • 極圏以外でも現れ始めたオゾンホールを埋める為に開発された化学物質⋅ウェアジゾン。世紀の大発明だったが、太陽光線中の特定波長を散乱させる、即ち夕焼けを消してしまう副作用があった…。朱川さんらしからぬ長編 極圏以外でも現れ始めたオゾンホールを埋める為に開発された化学物質⋅ウェアジゾン。世紀の大発明だったが、太陽光線中の特定波長を散乱させる、即ち夕焼けを消してしまう副作用があった…。朱川さんらしからぬ長編のSF作品。80歳の科学者⋅テレサを中心に、善行少年のトモルやテロリストのキャラメル⋅ボーイ等、多種多様な面々で飽きさせない。突飛なテーマだが、当たり前の日常が奪われることは有り得る話だし、強度の紫外線で非常警戒宣言が出されるのは近い未来の話かもしれない。今の夕焼けも昔と比べると赤みが薄い気がするなぁ。怖っ! …続きを読む
    ポップノア
    2020年04月09日
    79人がナイス!しています
  • 拡大するオゾンホール対策として世界規模でウェアジゾンという物質が空に撒かれた。しかしこの物質には「夕焼けがなくなる」という副作用があった。開発者のテレサは次の散布地として訪れた日本で警備担当者の目を盗 拡大するオゾンホール対策として世界規模でウェアジゾンという物質が空に撒かれた。しかしこの物質には「夕焼けがなくなる」という副作用があった。開発者のテレサは次の散布地として訪れた日本で警備担当者の目を盗んで親切な少年の案内で横浜を目指す。その目的は・・・。ウィルスによるパンデミックものではないが、上空で移動する神出鬼没のオゾンホールはウィルスに匹敵する恐怖。そしてその静かなパニックぶりや、言われても聞かない一部の若者たちなど今の現実と驚くほど似ている。コロナの収束はまだ先だが、夕焼けを眺める幸せを感じよう。 …続きを読む
    NADIA
    2020年04月14日
    60人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品