試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784044281038

推定少女

  • 著者 桜庭 一樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784044281038

直木賞作家の、初期傑作青春ノヴェル

あんまりがんばらずに、生きていきたいなぁ、と思っていた巣籠カナと、自称「宇宙人」の少女・白雪の逃避行がはじまった――桜庭一樹ブレイク前夜の傑作、幻のエンディング3パターンもすべて収録!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「推定少女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ぼくには女の子の経験はない(が、男の子だったことはある)。だから、思春期の女の子特有の(というのがあるかどうかは別として)悩みはとんと分からない。でも中学生の頃、偉いと言われる人達から「君たちには無限 ぼくには女の子の経験はない(が、男の子だったことはある)。だから、思春期の女の子特有の(というのがあるかどうかは別として)悩みはとんと分からない。でも中学生の頃、偉いと言われる人達から「君たちには無限の可能性がある」などと言われると、年々選択肢が少なくなり、それも常に競争にさらされ、毎日が戦争の僕たちの今を思うと、「何言ってるんだ」とこみ上げる怒りを堪えていた。「砂糖菓子・・・」もそうだけど、桜庭さんは、そんな思春期の子供たちの思いを描くのが上手い。SF、メタファー、いろんな要素があるけど感銘を受ける書。 …続きを読む
    kishikan
    2016年05月11日
    118人がナイス!しています
  • SF??意外と水前寺千春好きかも(*^_^*)最後のエンディングが3つもあって斬新だなぁーっと☆3番目のエンディングが一番好きかも☆1番とかもなかなか好きだったけど(*^_^*) SF??意外と水前寺千春好きかも(*^_^*)最後のエンディングが3つもあって斬新だなぁーっと☆3番目のエンディングが一番好きかも☆1番とかもなかなか好きだったけど(*^_^*)
    Masako Karasawa
    2013年03月27日
    73人がナイス!しています
  • 桜庭さんの本は読み終わると宝物に変わる。混沌とした思春期の少女たちをみずみずしく切りとった作品。友達や学校、進路や将来に漫然と不安を抱き、早く大人になりたくて、でも絶対なりたくない焦燥感を持て余す。周 桜庭さんの本は読み終わると宝物に変わる。混沌とした思春期の少女たちをみずみずしく切りとった作品。友達や学校、進路や将来に漫然と不安を抱き、早く大人になりたくて、でも絶対なりたくない焦燥感を持て余す。周りの大人たちはもちろん、仲のいい友達にも打ち明けられない心の叫び。「いまこんなに苦しいこと、あとほんの何年かして大人になったら、忘れちゃうのかな?それで、いいわねぇあれぐらいの年の子、悩みなんかなくて、なんて平気で言えるようになっちゃのかな?」ああ、平気で言ってる大人になってしまったワタシ。 …続きを読む
    アッシュ姉
    2018年09月11日
    72人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

桜庭 一樹(さくらば・かずき)

2000年デビュー。04年『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が、ジャンルを超えて高い評価を受ける。07年『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞、08年『私の男』で直木賞を受賞。『GOSICK-ゴシック-』シリーズは人気を博し、長篇8巻短篇集4巻が刊行、アニメ化された。続刊として『GOSICK RED』『GOSICK BLUE』『GOSICK PINK』も刊行中。他の著書に『道徳という名の少年』『推定少女』『赤×ピンク』『ほんとうの花を見せにきた』『このたびはとんだことで 桜庭一樹奇譚集』『少女七竈と七人の可愛そうな大人』『無花果とムーン』など。

最近チェックした商品