封仙娘娘追宝録11 天を決する大団円(下)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年02月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
356
ISBN:
9784829133798

封仙娘娘追宝録11 天を決する大団円(下)

  • 著者 ろくご まるに
  • イラスト ひさいち よしき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年02月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
356
ISBN:
9784829133798

異色の中華風異世界ファンタジー・シリーズついに完結!!

かくて殷雷刀の打ち直しは行われ、爆煙が消えた後に殷雷が現れた! しかしその姿からは黒色が抜け落ち、全身が白銀に輝いていた……。本当に殷雷は復活したのか? そして和穂の運命は? シリーズ完結編の下巻!!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「封仙娘娘追宝録11 天を決する大団円(下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • これは面白かった!展開は一欠片も覚えていなかったが、なるほど鏡閃は確かに中ボスだった。大団円なんだろうけれど、和穂が龍華と再び暮らせない結末は大団円でも少し切ない。そもそもちゃんと理解できなかったのだ これは面白かった!展開は一欠片も覚えていなかったが、なるほど鏡閃は確かに中ボスだった。大団円なんだろうけれど、和穂が龍華と再び暮らせない結末は大団円でも少し切ない。そもそもちゃんと理解できなかったのだが、龍華の起こした大騒動が無かったことになり、鏡閃の復讐心も消すのなら龍華は死なないのでは?護玄は結局何をしてたの?夜主は龍華の魂の生まれ変わり?でも納得できるラストだった。大騒動で皆が忘れていただろう伏線も鮮やかに回収。終盤まで龍華と戦わないので、どう終わるのかやきもきしたが杞憂に終わった。 …続きを読む
    レモン
    2022年01月13日
    30人がナイス!しています
  • 十四年かけて完結したシリーズと聞いてなんとなく一気買い。絵は可愛らしくて良かった。 物語は誤って人間界に宝具をばらまいてしまった仙人見習いが回収の旅に出る話。独特の変なノリや、一瞬納得させられそうな屁 十四年かけて完結したシリーズと聞いてなんとなく一気買い。絵は可愛らしくて良かった。 物語は誤って人間界に宝具をばらまいてしまった仙人見習いが回収の旅に出る話。独特の変なノリや、一瞬納得させられそうな屁理屈で説明される宝具の機能などが面白い。完結巻の真相もSFっぽくて面白かった。 この手の回収ものでよくある「俺達の回収の旅はこれからだ」な落ちだったのはちと残念だったが、話は綺麗に盛り上がりつつ纏まっていて、とても楽しいシリーズだった。 …続きを読む
    しまふくろう
    2021年05月17日
    22人がナイス!しています
  • 終盤の数ページで明かされる、龍華姉さんの本当の狙い。大急ぎで風呂敷を畳んだ印象はどうしても拭いきれないが、この結末は当時からのファンとしても不満はない。ろくご先生の他の作品は読んだことないけど、面白い 終盤の数ページで明かされる、龍華姉さんの本当の狙い。大急ぎで風呂敷を畳んだ印象はどうしても拭いきれないが、この結末は当時からのファンとしても不満はない。ろくご先生の他の作品は読んだことないけど、面白いなら読みたい。 …続きを読む
    DaikiK
    2021年08月30日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品