変身

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784042083061

変身

  • 著者 フランツ・カフカ
  • 訳者 中井 正文
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784042083061

人間の存在の不条理を抉り出す海外文学の最高傑作!

平凡なセールスマンのグレゴール・ザムザは或る朝、巨大な褐色の毒虫へと変じた自分を発見する……徹底的なリアリズムの手法によって、人類の苦悩を描き出す、カフカの代表作。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「変身」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『絶望名人カフカ』シリーズを読み、俄然カフカ先生に興味(というか尊敬の念)が湧いたので、先生の代表作である本書を読む。『朝起きたら毒虫になっていた』という状況は絶望に相応しいが、主人公は特に絶望もなく 『絶望名人カフカ』シリーズを読み、俄然カフカ先生に興味(というか尊敬の念)が湧いたので、先生の代表作である本書を読む。『朝起きたら毒虫になっていた』という状況は絶望に相応しいが、主人公は特に絶望もなく普通。むしろ周囲の家族の方が絶望感を持つ。会話での意思疎通は不可能で、行動の結果により推測するより他ない。その行動も理解を超えるもので、家族の心情も限界に達する。過去の思い出は、今の絶望により上塗りされる。…うっすらと障害・介護の比喩的表現にも見える…。だが会話が可能なら展開は変わった。意志疎通がポイントか。 …続きを読む
    Susumu Tokushige
    2018年06月21日
    33人がナイス!しています
  • 「変身」と「ある戦いの描写」の2編が収録されている。正直、約200ページでしたが大変に苦痛でした(笑)400ページくらいを読んだ気分でした。変身はまだ読めました。朝起きたら大きな虫になってて仕事に行け 「変身」と「ある戦いの描写」の2編が収録されている。正直、約200ページでしたが大変に苦痛でした(笑)400ページくらいを読んだ気分でした。変身はまだ読めました。朝起きたら大きな虫になってて仕事に行けない、家族も驚くという話し。戦いの描写は伝えたいことが全く理解できなかった(変身もですが)。いや、何もないんじゃない?台詞が多い上にツラツラ書かれているだけ。その描写の背景も人物観も全く頭に思い浮かんでこなかった。相性とかもあるかも知れないですが、これは自分には合わなかった。全体的にジメジメ暗い感じだった。 …続きを読む
    ちび\\\\\\٩( 'ω' )و ////
    2018年09月18日
    32人がナイス!しています
  • ある朝、自分の姿が一匹のとてつもなく大きな毒虫に変わってしまっているのに気がついた。。。衝撃的!グレゴール・ザムザの数奇な運命。切なく苦しく、少々気持ち悪く哀しい。カフカの超ネガティブな性格がそのまま ある朝、自分の姿が一匹のとてつもなく大きな毒虫に変わってしまっているのに気がついた。。。衝撃的!グレゴール・ザムザの数奇な運命。切なく苦しく、少々気持ち悪く哀しい。カフカの超ネガティブな性格がそのまま表れている気がする。これは奥が深い。きっと色んな解釈があるのだろうけど、わたしにはこんな僕だけど家族を愛してもいいですか?生きていてもいいですか?やっぱりダメですか。ってカフカが言ってる気がする。 …続きを読む
    miu
    2016年03月03日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品