変身

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784042083061

変身

  • 著者 フランツ・カフカ
  • 訳者 中井 正文
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784042083061

人間の存在の不条理を抉り出す海外文学の最高傑作!

平凡なセールスマンのグレゴール・ザムザは或る朝、巨大な褐色の毒虫へと変じた自分を発見する……徹底的なリアリズムの手法によって、人類の苦悩を描き出す、カフカの代表作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「変身」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 中途で投げた。『変身』は人から忌み嫌われる虫になりながらも、自分はそれでも生きているという自覚を、まざまざと書いている。だけども、健気な喜劇ではない。で、問題は次の『ある戦いの記憶』。断片的に展開され 中途で投げた。『変身』は人から忌み嫌われる虫になりながらも、自分はそれでも生きているという自覚を、まざまざと書いている。だけども、健気な喜劇ではない。で、問題は次の『ある戦いの記憶』。断片的に展開されるストーリーに頭の整理が追いつかない。いったいなにを目指しているのか、最後まで理解出来なかった。 …続きを読む
    cockroach's garten
    2016年06月27日
    44人がナイス!しています
  • 何だか、私だけかもしれないのですが途中からイライラしてきました。グレゴールに対してなのか、グレゴールの家族になのか、漠然としたイライラだったのでよく覚えていませんが。ただ他の本で読んだのですがカフカっ 何だか、私だけかもしれないのですが途中からイライラしてきました。グレゴールに対してなのか、グレゴールの家族になのか、漠然としたイライラだったのでよく覚えていませんが。ただ他の本で読んだのですがカフカって引きこもりが好きだったんですよね。本人の願望みたいな気がしてきまして何となくイラっときたのかもです。 …続きを読む
    2013年01月06日
    38人がナイス!しています
  • 『変身』について。死ぬまでの内に人間は、必ず変身してしまうのだろう。これは家族の物語なのではないか。外見が変わってしまったものを腫れ物に触れるように扱い、世間から遠ざける。これは例えば、息子が突然引き 『変身』について。死ぬまでの内に人間は、必ず変身してしまうのだろう。これは家族の物語なのではないか。外見が変わってしまったものを腫れ物に触れるように扱い、世間から遠ざける。これは例えば、息子が突然引きこもりになってしまったり、人が介護を必要になった時と同じように。外見が変化しただけで、中身をみようとしない所が人間の醜さなのではないか。 …続きを読む
    kana
    2020年05月03日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品