ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年09月29日
判型:
その他
商品形態:
単行本
ISBN:
9784757729735

ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

  • 原作 新海 誠
  • 著者 加納 新太
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年09月29日
判型:
その他
商品形態:
単行本
ISBN:
9784757729735


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ノボルとミカコ其々の主観のみで描かれている為、世界系といえる同作にマッチしている。改めて加納さんの心情描写って良いなと思う。思えば大航海時代にもこういう時空に隔たれる悲恋劇ってあったと思う。対外的な野 ノボルとミカコ其々の主観のみで描かれている為、世界系といえる同作にマッチしている。改めて加納さんの心情描写って良いなと思う。思えば大航海時代にもこういう時空に隔たれる悲恋劇ってあったと思う。対外的な野心の果てに他人に怒りを向けられて初めて我に返る。だからこそ過去にあった確かな感触を感覚を思い出さずには居られないのだろう。膨らんだ想いを電磁波に託す。昔は、風であったろうか。鳥であったろうか。あのバス停で繋がる瞬間がとても素晴らしい。価値観は完全には一致しない。が、側で確かめ合う事で、心から安心できるのだ。 …続きを読む
    雪風のねこ@(=´ω`=)
    2017年03月04日
    125人がナイス!しています
  • 映像を見たのは偶然で、その後5年以上経ってから思い出したのも偶然でした。 小さな表現の一つ一つがとても好きで、 「世界っていうのは、携帯の電波の届く場所なんだって、漠然と思っていた」 「わたしという人 映像を見たのは偶然で、その後5年以上経ってから思い出したのも偶然でした。 小さな表現の一つ一つがとても好きで、 「世界っていうのは、携帯の電波の届く場所なんだって、漠然と思っていた」 「わたしという人間のゼロ座標は、彼に設定されている」 「木星というのは、メールが14日で届く距離にある」 なんて、秀逸でした。 ノボルサイドの話は読み終わって、あっても無くても良かったかもしれないと思ってしまうのは、あくまでこの話がミカコの話と思ってしまってるからかもしれません。 …続きを読む
    hisato
    2016年08月22日
    14人がナイス!しています
  • 『言の葉の森』視聴をきっかけに、積ん読から引っ張り出しての読破。10年くらい前にアニメを観ていたので、期待してなかったのだが……。アニメでは読み取れなかった内容が目白押しで、切なかったですねぇ(T_T 『言の葉の森』視聴をきっかけに、積ん読から引っ張り出しての読破。10年くらい前にアニメを観ていたので、期待してなかったのだが……。アニメでは読み取れなかった内容が目白押しで、切なかったですねぇ(T_T)ロボットバトルと怪物の印象でツマラナイ印象で『5センチ』とはかけ離れた物語と思い込んでたが、この本でガラリと変わりましたね。メールにかかる年月と、それを待つというツラさ。読んでて、苦しくなるくらいミカコとノボルの切なさ共感してしまった。改めてアニメも見直したが、リメイク切望かなぁ?(;^_^A …続きを読む
    奇妙鳥
    2015年09月07日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品