角川文庫

氷雪の殺人

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041607688
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

氷雪の殺人

  • 著者 内田 康夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041607688

国家とは? 正義とは? 浅見兄弟が辿り着いた真実は--

北海道沖縄開発庁長官からある男の死の真相調査を依頼された浅見光彦。男は「プロメテウスの火矢は氷雪を溶かさない」という謎のメッセージを遺していた。やがて浅見は、巨大な陰謀と対峙することになり……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「氷雪の殺人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 北海道の利尻。行ってみたいところのひとつだ。浅見さん、日本全国行かないところはないくらいいろんな所に行くんだなぁ。今回は、兄上からの依頼の仕事とあって、巻き込まれる…というよりは最初から捜査だったから 北海道の利尻。行ってみたいところのひとつだ。浅見さん、日本全国行かないところはないくらいいろんな所に行くんだなぁ。今回は、兄上からの依頼の仕事とあって、巻き込まれる…というよりは最初から捜査だったから、旅としての味わいが少なくて残念だったなぁ。国の問題として公に操作できないことを捜査する浅見さんの脳みそはやはり、只者ではないなぁ。次は、旅を楽しみたいなぁ。 …続きを読む
    あつひめ
    2014年10月14日
    76人がナイス!しています
  • 読み応えありました。陽一郎さんがかなり出てきてよかったです。浅見光彦の想像力がすごい!と思いましたがそれも内田さんの世界なので作者が一番すごい。 読み応えありました。陽一郎さんがかなり出てきてよかったです。浅見光彦の想像力がすごい!と思いましたがそれも内田さんの世界なので作者が一番すごい。
    roomy
    2016年02月17日
    22人がナイス!しています
  • 北海道利尻島が舞台。旅情ミステリーかと思ったが、防衛省の汚職を扱う骨太な作品だった。兄の陽一郎とのやり取りは好まく思えた。結末は内田作品らしかった。 北海道利尻島が舞台。旅情ミステリーかと思ったが、防衛省の汚職を扱う骨太な作品だった。兄の陽一郎とのやり取りは好まく思えた。結末は内田作品らしかった。
    かめちん
    2018年05月10日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品