僕とおじいちゃんと魔法の塔(1)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784043943319

僕とおじいちゃんと魔法の塔(1)

  • 著者 香月 日輪
  • イラスト 中川 貴雄
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784043943319

「妖怪アパート」シリーズの香月日輪が贈る新たなる物語!!

お化け屋敷のような不思議な塔。幽霊のおじいちゃんと暮らし始めた僕だけど、その塔には、はた迷惑な住人がどんどんやってきて!? 僕とおじいちゃんのびっくりするような毎日を描いた大人気シリーズ!!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「僕とおじいちゃんと魔法の塔(1)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 家族の中で疎外感を持った小学6年生の龍神(たつみ)。不思議な塔の建物で、亡くなった祖父に出会う。芸術家だった祖父に、画家になることを勧められる。生き方について、親友と考え行動する。子供の自立が主題。昔 家族の中で疎外感を持った小学6年生の龍神(たつみ)。不思議な塔の建物で、亡くなった祖父に出会う。芸術家だった祖父に、画家になることを勧められる。生き方について、親友と考え行動する。子供の自立が主題。昔の元服という大人になる儀式、小学生で囲碁のプロが生まれ、頭が大人になる年頃だから妥当かも。チャレンジキッズ5年生2000年1月から12月に連載「ぼくの幽霊屋敷日記」を加筆修正。あとがきによると、次は高校生。中学生は書きづらかったとのこと。絵:中川貴雄。発見角川。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年11月02日
    249人がナイス!しています
  • この本も大当たり、香月氏の物語には大事なメッセージが載せられているように感じる。「善は良い、悪は悪い、なんと単純で浅はかな考えか!!」、事実それを実証する出来事が起こる。障害者に優しい事をしようと企画 この本も大当たり、香月氏の物語には大事なメッセージが載せられているように感じる。「善は良い、悪は悪い、なんと単純で浅はかな考えか!!」、事実それを実証する出来事が起こる。障害者に優しい事をしようと企画している子供たちが、それに異を唱えた龍神を無視する行動に出る。多勢の勘違いによる行動による差別やいじめ、少数の人間に対する敵対行動 に残念ながら、この世の中は満ち溢れている。そこに一石を投じた感もあります。必要な孤独、必要な怖さもある事も学ばされる。親として子供を信じる事の大切さも再認識させられた。 …続きを読む
    再び読書
    2013年03月02日
    182人がナイス!しています
  • 親子で楽しめる作品。先に読んだ長男(10歳)が「感動系のような面白系のような・・・妖怪アパートっぽい感じだったよ~」と、渡してくれました。あっ。作者一緒なのか!成程wwwヒトコトで言っちゃうと少年の成 親子で楽しめる作品。先に読んだ長男(10歳)が「感動系のような面白系のような・・・妖怪アパートっぽい感じだったよ~」と、渡してくれました。あっ。作者一緒なのか!成程wwwヒトコトで言っちゃうと少年の成長物語。『自分』を自分のなかに見つけていく過程がすごくリアルで、世界が広がっていく様が読んでて気持ち良かったです!ファンタジーあり、友情あり、親子愛あり、なんでもありありで盛りだくさんなのは香月作品のカラーなのかな?元気がでてきます。個人的には、渋い低音で話す犬(?)のギルバルスが、なんだか妙に好きです♪ …続きを読む
    エンブレムT
    2010年10月16日
    173人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品