ほしのはじまり ――決定版 星新一ショートショート――

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年11月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
584
ISBN:
9784048738309

ほしのはじまり ――決定版 星新一ショートショート――

  • 著者 星 新一
  • 編者 新井 素子
  • デザイン 角川書店装丁室 高柳雅人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年11月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
584
ISBN:
9784048738309

星新一作家生活50周年記念アンソロジー

星新一というひとは、どれほど遠くをみていたのだろう――彼に見いだされ作家となった新井素子が、思いの丈をこめて編んだベスト短編集。星氏の単行本初収録エッセイ18本も読み逃せない。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ほしのはじまり ――決定版 星新一ショートショート――」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新井素子さんの編纂による星新一の作品が54編収められています。さらに星さんのエッセイが18編新井さんのエッセイが6編収められていて非常に読み甲斐がありました。とくに星さんのエッセイは今まで未読でしたの 新井素子さんの編纂による星新一の作品が54編収められています。さらに星さんのエッセイが18編新井さんのエッセイが6編収められていて非常に読み甲斐がありました。とくに星さんのエッセイは今まで未読でしたので(著作集の付録)、楽しめました。今まではどちらかというと文庫本で読んでいましたが、このようにばらばらにしてまとめなおしてくれるのも新鮮な感じです。 …続きを読む
    KAZOO
    2018年01月10日
    122人がナイス!しています
  • 子どもの頃、新聞の日曜版に星新一のショートショートが連載されていた。大人が読むものだけれど短いから読み切れる、というのが、子ども心に嬉しく誇らしい気持ちだった。読めない漢字があっても、言葉の意味が分か 子どもの頃、新聞の日曜版に星新一のショートショートが連載されていた。大人が読むものだけれど短いから読み切れる、というのが、子ども心に嬉しく誇らしい気持ちだった。読めない漢字があっても、言葉の意味が分からなくても、文脈から物語の内容を捉えることができたのも良かった。大人向けの小説に触れた、私の原風景である。子どもだった私が、大人になった私の隣に座る。一緒に本をのぞき込みながら、短い物語を共有する。あの頃は無かった便利な道具や社会制度、今はあるよ、なんて話しながら、色褪せない物語をふたりで読んだみたいな錯覚。 …続きを読む
    風眠
    2017年12月08日
    63人がナイス!しています
  • 久し振りの星新一堪能! 中学時代から星さんは私の「ブラックユーモア」嗜好を目覚めさせて下さった。その嗜好性は 今も・・そしてずっとだろうなぁ。また、編集の新井素子さんも指摘しておられる様に今なお時代遅 久し振りの星新一堪能! 中学時代から星さんは私の「ブラックユーモア」嗜好を目覚めさせて下さった。その嗜好性は 今も・・そしてずっとだろうなぁ。また、編集の新井素子さんも指摘しておられる様に今なお時代遅れとならない作品ばかり。但し今だから気付いたと言うか・・「句読点」の特徴が面白いなぁ。 さて、勿論作品そのものは充分愉しめたが、実はエッセイ「星くずのかご」は読んだ事なく、《星ありき》を感じる事が出来て良かった。星さんは永遠だね。 …続きを読む
    dorebook
    2015年10月02日
    31人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品