試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041713334

武神の階(下) 新装版

  • 著者 津本 陽
  • イラスト 横山 明
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041713334

毘沙門天の化身。至誠にして清廉の英傑!

関東管領の重責を継いだ政虎は、その任を果たすべく関東へ出兵、さらに信州併呑を目論み越後に迫る宿敵・武田信玄と、5回にわたり川中島で対決する。乱世に、厚い信仰と信義に生きた聖将・上杉謙信の生涯を描く。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「武神の階(下) 新装版」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「まことにもって関東管領上杉輝虎は実直を本とし、邪曲をあらため、政道は人民を利するを専らとなし、その徳君子に同じく、その威古今に秀で、高名天下にふるう」(延暦寺書信)……海音寺潮五郎が川中島合戦で筆を 「まことにもって関東管領上杉輝虎は実直を本とし、邪曲をあらため、政道は人民を利するを専らとなし、その徳君子に同じく、その威古今に秀で、高名天下にふるう」(延暦寺書信)……海音寺潮五郎が川中島合戦で筆をおいたのも分かる気がする。以後、パッとしないのだ。戦は相変わらず無敵。が、叛逆と鎮圧を延々と繰り返すのみで足踏み状態が続く。朝廷、将軍家、関東武士に都合よく使われ続け、消耗していく謙信。その実直さは頼もしく、その清廉さは美しい。しかし、この政治力を軽視する悪癖は、景勝へと続く上杉家の宿痾になったのではないか。 …続きを読む
    うたまる
    2017年12月24日
    1人がナイス!しています
  • 上巻の勢いそのまま…とはいかず、関東にて武田・北条に翻弄されてしまいます。 上杉謙信の用兵の巧みさや、考え方がよくわかる一冊でした。 上巻の勢いそのまま…とはいかず、関東にて武田・北条に翻弄されてしまいます。 上杉謙信の用兵の巧みさや、考え方がよくわかる一冊でした。
    イエテイ
    2015年05月14日
    0人がナイス!しています
  • 上杉謙信の生涯、下巻です。川中島の戦い後、あまりに強すぎた・白すぎたということを北条・武田から利用されてしまう謙信。敵役とはいえ、武田信玄の人柄もなかなかかっこ良く描かれていました(が史実解説の部分で 上杉謙信の生涯、下巻です。川中島の戦い後、あまりに強すぎた・白すぎたということを北条・武田から利用されてしまう謙信。敵役とはいえ、武田信玄の人柄もなかなかかっこ良く描かれていました(が史実解説の部分でそれを突き崩さないでほしかった…)。信玄の政治の上手さに翻弄される謙信が良かったです。そして、信玄に鍛えられた謙信が、織田信長と対峙していく姿は胸熱でした。…ただ…謙信くん!早く彼女が戻ってくるといいね( ´∀`)bグッ! …続きを読む
    葉紗
    2014年08月13日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品