陰悩録 リビドー短篇集

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041305256

陰悩録 リビドー短篇集

  • 著者 筒井 康隆
  • デザイン 角川書店装丁室 鈴木久美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041305256

爆笑の後にもの哀しさが……人類の過剰な「性」にまつわるこれでもかの悲喜

風呂の排水口に○○タマが吸い込まれたら、自慰行為のたびにテレポートしてしまったら、突然家にやってきた弁天さまにセックスを強要されたら。人間の過剰な「性」を描き、爆笑の後にもの哀しさが漂う悲喜劇。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「陰悩録 リビドー短篇集」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 14のエロ短編小説。筒井氏は僕が学生の頃「時をかける少女」ヒットで以前から存じているが読むのは初めて✨一番吹き出して笑ったのは「郵性省」その他下半身に響く秀作は「泣き語り性教育」「陰脳録」「オナンの末 14のエロ短編小説。筒井氏は僕が学生の頃「時をかける少女」ヒットで以前から存じているが読むのは初めて✨一番吹き出して笑ったのは「郵性省」その他下半身に響く秀作は「泣き語り性教育」「陰脳録」「オナンの末裔」。エロ小説は男女の淫乱な絡みを題材も良いけれど、個人的には男性自慰を題材にした小説や排泄(デカい方)題材にしたお下品極まりない小説の方が寧ろ好きだ😍 ただ今回残念だったのは、エロなのかSFなのか喜劇なのか、その辺がイマイチ極められてなく焦点ボケしたような💦筒井氏の多才さが裏目になったような気もする🤔 …続きを読む
    ミッフー
    2019年03月07日
    102人がナイス!しています
  • これはいい意味で酷いですね。エログロナンセンス炸裂です。もっと言ってしまえばエロ小説です。スラップスティックと卑猥さが混じっていますが、陰湿な感じはなく、カラッとしているので女性でも抵抗なく読めると思 これはいい意味で酷いですね。エログロナンセンス炸裂です。もっと言ってしまえばエロ小説です。スラップスティックと卑猥さが混じっていますが、陰湿な感じはなく、カラッとしているので女性でも抵抗なく読めると思いました。 …続きを読む
    優希
    2015年11月16日
    75人がナイス!しています
  • リビドー短篇集とあるように、性に関するというか、エロばかり集めた1冊。さすがの筒井さん、笑わせてくれます。特に私は表題の「陰脳録」と「弁天さま」が、お気に入りです。筒井さんファンの方にはお薦めの短篇集 リビドー短篇集とあるように、性に関するというか、エロばかり集めた1冊。さすがの筒井さん、笑わせてくれます。特に私は表題の「陰脳録」と「弁天さま」が、お気に入りです。筒井さんファンの方にはお薦めの短篇集! …続きを読む
    GAKU
    2017年07月23日
    57人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品