145gの孤独

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年05月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
400
ISBN:
9784048736923

145gの孤独

  • 著者 伊岡 瞬
  • デザイン 角川書店装丁室 高柳雅人
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年05月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
400
ISBN:
9784048736923

第25回横溝正史ミステリ大賞受賞第一作!

プロ野球の投手として活躍していた倉沢は、試合中の死球事故が原因で現役を引退した。その後彼が始めた仕事「付き添い屋」には、奇妙な依頼をする客が次々と訪れてきて…。第25回横溝正史ミステリ大賞受賞第一作。

メディアミックス情報

NEWS

「145gの孤独」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 設定は魅力的だが完成度がいまひとつといった感じ。 設定は魅力的だが完成度がいまひとつといった感じ。
    takaC
    2018年05月07日
    66人がナイス!しています
  • 著者の作品を読むのは何作目だろう? 今までのイメージとは少し違った感じだった。2005年『いつか、虹の向こうへ』で 第25回横溝正史ミステリ大賞とテレビ東京賞をW受賞し作家デビューし、本著が受賞第一作 著者の作品を読むのは何作目だろう? 今までのイメージとは少し違った感じだった。2005年『いつか、虹の向こうへ』で 第25回横溝正史ミステリ大賞とテレビ東京賞をW受賞し作家デビューし、本著が受賞第一作との事なので、著者の2作目の作品なのか。時間軸からすれば本著は初期の作品だったんだ。主人公・倉沢修介は元プロ野球選手、今は便利屋。軽快なトーク、ポンポンと飛び出すギャグ、軽妙な切り返し、テンポ良く心地良くストーリーは展開して行く。終盤に近づくとチョッと深刻な展開、しかし登場人物のキャラが立っていて面白かった。 …続きを読む
    薦渕雅春
    2021年01月05日
    32人がナイス!しています
  • 危険球が元で、プロ野球を引退し、便利屋として働く倉沢が主人公。依頼された仕事には何か謎があり、それを彼が解き明かす。倉沢の言動がおもしろかったが、読むのに少々時間がかかった。というのも、とにかくこの本 危険球が元で、プロ野球を引退し、便利屋として働く倉沢が主人公。依頼された仕事には何か謎があり、それを彼が解き明かす。倉沢の言動がおもしろかったが、読むのに少々時間がかかった。というのも、とにかくこの本一筋縄ではいかない。凝っている。いろいろ裏がある。読み応えがあるってことかなあ。 …続きを読む
    もぺっと
    2017年11月29日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品