145gの孤独

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年05月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
400
ISBN:
9784048736923

145gの孤独

  • 著者 伊岡 瞬
  • デザイン 角川書店装丁室 高柳雅人
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年05月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
400
ISBN:
9784048736923

第25回横溝正史ミステリ大賞受賞第一作!

プロ野球の投手として活躍していた倉沢は、試合中の死球事故が原因で現役を引退した。その後彼が始めた仕事「付き添い屋」には、奇妙な依頼をする客が次々と訪れてきて…。第25回横溝正史ミステリ大賞受賞第一作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「145gの孤独」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 設定は魅力的だが完成度がいまひとつといった感じ。 設定は魅力的だが完成度がいまひとつといった感じ。
    takaC
    2018年05月07日
    65人がナイス!しています
  • 危険球が元で、プロ野球を引退し、便利屋として働く倉沢が主人公。依頼された仕事には何か謎があり、それを彼が解き明かす。倉沢の言動がおもしろかったが、読むのに少々時間がかかった。というのも、とにかくこの本 危険球が元で、プロ野球を引退し、便利屋として働く倉沢が主人公。依頼された仕事には何か謎があり、それを彼が解き明かす。倉沢の言動がおもしろかったが、読むのに少々時間がかかった。というのも、とにかくこの本一筋縄ではいかない。凝っている。いろいろ裏がある。読み応えがあるってことかなあ。 …続きを読む
    もぺっと
    2017年11月29日
    30人がナイス!しています
  • 危険球で人生を狂わせてしまった男の話。狂ったのは、当てた自分だけではなく、当てられた相手やその家族も。彼を放っておけない周囲と、そんな優しさは受け取れないとひねくれているような彼のやりとりが、切なかっ 危険球で人生を狂わせてしまった男の話。狂ったのは、当てた自分だけではなく、当てられた相手やその家族も。彼を放っておけない周囲と、そんな優しさは受け取れないとひねくれているような彼のやりとりが、切なかったりちょっとだけおかしかったり。仕事『便利屋』を通じて出会う人々のことを、彼は彼で放っておけない。決して思いやり溢れる態度ではないのだけれど、苦しみの中で生きている者同士の通じ合いからか、顧客の訳あり人生を推して知ってしまうあたりはミステリー仕立てになっていておもしろかった。 …続きを読む
    純子
    2018年08月25日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品