アラビアの夜の種族 II

アラビアの夜の種族 II

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784043636044
label

アラビアの夜の種族 II

  • 著者 古川 日出男
  • デザイン 片岡 忠彦
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2006年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784043636044

圧倒的ストーリーテリング、現代に甦る千夜一夜物語

ナポレオン艦隊を迎え撃つため、「災厄の書」に手を染めたエジプトの知事と側近。読み手を擒にし滅ぼすという破滅の物語が、一夜、また一夜と語られてゆく--。 ナポレオン艦隊を迎え撃つため、「災厄の書」に手を染めたエジプトの知事と側近。読み手を擒にし滅ぼすという破滅の物語が、一夜、また一夜と語られてゆく--。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「アラビアの夜の種族 II」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 外枠の物語では、いよいよナポレオン軍3万がエジプトに上陸。迎え撃つはムラード・ベイを総帥とするマムルーク軍団。初戦は綺羅を誇るエジプト軍は近代的な軍隊の(ということはエジプト側からは貧相な)ナポレオン 外枠の物語では、いよいよナポレオン軍3万がエジプトに上陸。迎え撃つはムラード・ベイを総帥とするマムルーク軍団。初戦は綺羅を誇るエジプト軍は近代的な軍隊の(ということはエジプト側からは貧相な)ナポレオン軍の前に追走するしかなかった。一方、物語内では第2の主人公ファラー、そして第3の主人公サフィアーンの物語が語られる。その語りは、第1巻よりは遥かに「物語」としての文体と結構を持っている。もっとも、第2巻のクライマックスともいうべきファラーとサフィアーンの邂逅のくだりでの互いの会話文は残念ながら通俗の極みだが。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2018年10月25日
    357人がナイス!しています
  • 恐ろしい熱量を感じました。『災いの書』を完成させるべく語られる一夜また一夜。その物語にのめり込む自分。怖さすら感じる世界。最終巻はどのような世界へと引き継がれるのでしょう。 恐ろしい熱量を感じました。『災いの書』を完成させるべく語られる一夜また一夜。その物語にのめり込む自分。怖さすら感じる世界。最終巻はどのような世界へと引き継がれるのでしょう。
    優希
    2024年04月09日
    46人がナイス!しています
  • ナポレオン・ボナパルトが侵攻が着々と進むエジプト。「災厄の書」は魔導士アーダムの物語から千年の時を経て、二人のみなしごファラーからサフィアーンの物語へと語りつがれます。数奇な生い立ちでありながら比類な ナポレオン・ボナパルトが侵攻が着々と進むエジプト。「災厄の書」は魔導士アーダムの物語から千年の時を経て、二人のみなしごファラーからサフィアーンの物語へと語りつがれます。数奇な生い立ちでありながら比類なき魔法を剣術を手にした二人、アーダムとの邂逅と盛り上がり所ですが、ちょっと中だるみ感が否めません。展開が読めないからでしょうか。第1巻に引き続き、美麗は日本語に圧倒されることしきりですが、何故か会話文がおちゃらけ気味で興を削ぎます。アイユーブは書物を完成させてエジプトを救うことができるのか。第3巻に続きます。 …続きを読む
    hit4papa
    2017年05月21日
    36人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品