「電池が切れるまで」の仲間たち 子ども病院物語

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
160
ISBN:
9784043827022

「電池が切れるまで」の仲間たち 子ども病院物語

  • 著者 宮本 雅史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
160
ISBN:
9784043827022

10万人が泣き、元気をもらった真実のストーリー!

「幸せ」と言って亡くなった真美ちゃん、「命」の詩を綴った由貴奈ちゃん、白血病を克服し、医師を目指す盛田君――。大反響の詩画集『電池が切れるまで』の子どもと家族、医師、教師たちの感動の実話!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「「電池が切れるまで」の仲間たち 子ども病院物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「電池が切れるまで」というのは入院患者の1人の女の子が書いた命を乾電池に例えた詩から由来している。白血病などをはじめとする難病の重症患者が入院する子ども病院を舞台に、亡くなっていった子たち数人と、無事 「電池が切れるまで」というのは入院患者の1人の女の子が書いた命を乾電池に例えた詩から由来している。白血病などをはじめとする難病の重症患者が入院する子ども病院を舞台に、亡くなっていった子たち数人と、無事治療を終えて退院し医師や教師を目指している子などの入院時の様子、病院スタッフや家族の想いを描いたノンフィクション。僕自身も子ども時代、似たような病院へ入退院を繰り返しながら何人もの仲間の死を見送った経験があるので、いろいろ思い出しながら読んで胸が詰まったりした。今もこうして生きていることに本当に感謝している。 …続きを読む
    2013年05月15日
    52人がナイス!しています
  • 「こどもたちの顔を見ると、かわいそうなんて言葉はあてはまりません。そんな甘いものではありません。命をかけて闘っているのです」(P99、院内学級の山本先生の言葉)この本に出てくる子供達の状況は、この文章 「こどもたちの顔を見ると、かわいそうなんて言葉はあてはまりません。そんな甘いものではありません。命をかけて闘っているのです」(P99、院内学級の山本先生の言葉)この本に出てくる子供達の状況は、この文章に尽きる。厳しい闘病生活に耐え、前向きに生きようとする子供達の姿を記したこの本。日々やさぐれて生きている私に、何の感想が書けようか。P34〜5、宮越由貴奈さんが11歳で亡くなる4ヶ月前に書き上げた詩『命』、多くの人に読まれることを望む。 …続きを読む
    いっちゃんず
    2017年01月14日
    33人がナイス!しています
  • かけがえのない命。頭では分かっていても、小さい頃、若い頃のわたしは自分の命のことをどこまで考えられていたのだろうか?と思い返す。きっと、ここに書かれている子たちには敵わない。4年生の子が書いた「命」の かけがえのない命。頭では分かっていても、小さい頃、若い頃のわたしは自分の命のことをどこまで考えられていたのだろうか?と思い返す。きっと、ここに書かれている子たちには敵わない。4年生の子が書いた「命」の詩。この子の生き方(この詩を書いた4ヶ月後に亡くなってしまう)を知るほどに、この詩の重たさに気づく。命の重たさは、大きくなるにつれて、身近に死を感じることで考えることもあるのだろうが、本書から、自分なりに一生懸命に生きることの大切さや院内教育が子どもたちに与えた影響の素晴らしさを感じることができた。 …続きを読む
    たらお
    2017年08月08日
    26人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品