少年兵はなぜ故郷に火を放ったのか 沖縄護郷隊の戦い

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年05月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784046533432

少年兵はなぜ故郷に火を放ったのか 沖縄護郷隊の戦い

  • 著者 宮本 雅史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年05月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784046533432

僕らは故郷を守りたかった。沖縄戦の知られざるゲリラ部隊の戦いをえがく。

第2次大戦末期、沖縄北部地上戦を戦った知られざる少年秘密部隊、護郷隊。陸軍中野学校出身者の指揮の下、米軍侵攻を撹乱するため生まれ育った村を焼き払い、学校を破壊した少年兵たちの胸に去来した悲しみを描く。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「少年兵はなぜ故郷に火を放ったのか 沖縄護郷隊の戦い」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 護郷隊の事もこの本の存在も知らなかったのだが、たまたま立ち寄った書店で吸い寄せられるように目に止まった。映画『スターリングラード』では前線に送られる新兵に銃が二人につき一丁しか支給されなかったのに対し 護郷隊の事もこの本の存在も知らなかったのだが、たまたま立ち寄った書店で吸い寄せられるように目に止まった。映画『スターリングラード』では前線に送られる新兵に銃が二人につき一丁しか支給されなかったのに対し、沖縄ではそれより遥かに劣悪な条件の下、十代半ばの少年たちがただ故郷を守りたい一心でゲリラ活動に身を捧げたが、当然、まともな成果などあがるはずもなかった。「故郷を戦場にしてはいけない」……もっともだ。では、外国(敵地)なら存分に暴れてよいという話でもないだろう。 …続きを読む
    活字スキー
    2015年09月01日
    19人がナイス!しています
  • 戦後70年の節目の年にと思い手に取りました。米軍が沖縄に上陸し、まだまだ幼い少年達が日本の為に戦った。自分の故郷に火を放つ葛藤のその気持ち。父が米軍に射殺され、戦争を憎むより父の復讐に燃える気持ち。今 戦後70年の節目の年にと思い手に取りました。米軍が沖縄に上陸し、まだまだ幼い少年達が日本の為に戦った。自分の故郷に火を放つ葛藤のその気持ち。父が米軍に射殺され、戦争を憎むより父の復讐に燃える気持ち。今の平和な私達には到底知ることが出来ない。戦争とは心も壊すと感じると同時に、他には選択肢はない。赤子を背負い少年兵と悟られないようにしたり、読んでいて胸がつぶれる思いだった。護郷隊に召集が来た時は日本の為、沖縄の為に戦えると誇らしかったのだと思う。たくさんの尊い命が亡くなった。決して忘れてはいけない。 …続きを読む
    shiori
    2015年08月10日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品