角川ホラー文庫

黒魔術の家

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年05月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
466
ISBN:
9784041789858
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ホラー文庫

黒魔術の家

  • 著者 吉村 達也
  • デザイン ADセカンド
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年05月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
466
ISBN:
9784041789858

推理作家の妻に、悪魔が取り憑いた!

黒木夏夫の家は、母と妻と子供の6人家族。妻の未紗がある日「6っていう数は縁起が悪いのよね」とつぶやいた。そして彼女は人数が「幸福な絶対数1」になるまで人数を減らそうとする。戦慄のサイコ・ホラー!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「黒魔術の家」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 黒魔術、数秘術の設定が無くてもよかったような気がする。 黒魔術、数秘術の設定が無くてもよかったような気がする。
    じゅんぢ
    2016年11月15日
    5人がナイス!しています
  • 再読本。面白い。恐ろしい。初読時には事件の顛末の結果だけを見てホラーではないと壁に投げそうだったが、とんでもない。ホラーではないと言ってる人は当時の私と同じでサイコホラーを理解していない。作中の蘊蓄も 再読本。面白い。恐ろしい。初読時には事件の顛末の結果だけを見てホラーではないと壁に投げそうだったが、とんでもない。ホラーではないと言ってる人は当時の私と同じでサイコホラーを理解していない。作中の蘊蓄も易しく書かれていて分かりやすい。「偶然の曖昧さ」もストーリーに役割を持っていて良い。オカルトホラーパートは右肩上がりに恐怖が高まっていくし、第五章以降は真相が語られる中で何度もゾッとさせられた。気持ち悪い怖さを楽しめるというのはなんと幸福な感性であろうか! そう思わずにはいられない、超贅沢なホラー小説。 …続きを読む
    2013年02月26日
    3人がナイス!しています
  • 思っていたより数倍も面白かった。数秘術や宗教に関しての蘊蓄も興味深かったのだが、サイコホラーとしても上手く構成されている。「ビーズでできた人格のブレスレット」とは、物語チックでありながら何と現実的な例 思っていたより数倍も面白かった。数秘術や宗教に関しての蘊蓄も興味深かったのだが、サイコホラーとしても上手く構成されている。「ビーズでできた人格のブレスレット」とは、物語チックでありながら何と現実的な例えだろう。物語の中盤辺りで感じさせられるメタ的な世界観も私にとっては非常に面白かった。 2016-18 …続きを読む
    2016年12月30日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品