ダ・ヴィンチ・コード(下)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年03月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
292
ISBN:
9784042955054

ダ・ヴィンチ・コード(下)

  • 著者 ダン・ブラウン
  • 訳者 越前 敏弥
  • デザイン 片岡 忠彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年03月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
292
ISBN:
9784042955054

キリスト教を揺るがし、ヨーロッパ史を塗り替えた、世紀の大問題作!

フィボナッチ数列、アナグラム……数々の象徴の群れに紛れたメッセージを解き進むラングドンとソフィーの前に現れたのは、ダ・ヴィンチが英知の限りを尽くして暗号を描き込んだ絵画〈最後の晩餐〉だった。


メディアミックス情報

NEWS

「ダ・ヴィンチ・コード(下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 下巻での読者の興味はひとえにラングドン等が聖杯に行き着くのか、にあったと思われる。そして、聖杯とは何であったのかに。エンディングからすれば、それは果たされたようにも、また結局は果たされなかったようにも 下巻での読者の興味はひとえにラングドン等が聖杯に行き着くのか、にあったと思われる。そして、聖杯とは何であったのかに。エンディングからすれば、それは果たされたようにも、また結局は果たされなかったようにも見える。神秘を蔵する象徴といいつつ、あまりに即物的な(と思える)その場所に、読者ははぐらかされたような気がするのではないか。しかも、聖杯そのものはとうとう姿を現すことがないのであるから。いや、聖杯はまさしく心の中にこそあるが故に、これでいいのだと言えるのかも知れないが。しかし、大活劇の終わりにしては…。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2019年09月15日
    453人がナイス!しています
  • キリスト教と西洋史に対する興味、知識が倍増。一体どうなるか、はらはらどきどきしながら結末に。宗教と政治と文化が一体だということがわかる。映画も良かった。 キリスト教と西洋史に対する興味、知識が倍増。一体どうなるか、はらはらどきどきしながら結末に。宗教と政治と文化が一体だということがわかる。映画も良かった。
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2015年06月15日
    183人がナイス!しています
  • 聖杯伝説ここに完結。私はキリスト教系の学校を卒業したはずなのに~♪なんでこんなに歴史を知らないんだ!なんて思いながら読んだ。ラングドンとソフィーとの追跡のハラハラドキドキの躍動感溢れる文章と、謎の真実 聖杯伝説ここに完結。私はキリスト教系の学校を卒業したはずなのに~♪なんでこんなに歴史を知らないんだ!なんて思いながら読んだ。ラングドンとソフィーとの追跡のハラハラドキドキの躍動感溢れる文章と、謎の真実を早く知りたい一心であっという間の読了。そしてラストが良い!ロマンを感じる。。 …続きを読む
    レアル
    2015年01月15日
    103人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品