義経幻殺録

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041662168

義経幻殺録

  • 著者 井沢 元彦
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041662168

芥川龍之介が義経の謎に挑む、歴史ミステリー

大正10年、春。作家・芥川龍之介は、源義経"清朝の祖"説を証明する秘本を求め、上海に上陸した。ロシア・ロマノフ王家の秘宝の行方は?清国再興をもくろむ日本陸軍の黒幕とは?芥川が連続殺人と歴史の謎に挑む!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「義経幻殺録」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『ダビデの暗号』から数年後の大正十年。大阪毎日新聞海外視察員時代の芥川龍之介が主人公。源義経が清国の祖と書かれた秘本『玉牒天オウ世系』の真偽をめぐる話と、謎の青年がダイヤモンドを探す話。 アンナは実在 『ダビデの暗号』から数年後の大正十年。大阪毎日新聞海外視察員時代の芥川龍之介が主人公。源義経が清国の祖と書かれた秘本『玉牒天オウ世系』の真偽をめぐる話と、謎の青年がダイヤモンドを探す話。 アンナは実在の人物らしいので何か関連する物を読んでみたい。 『ダビデの暗号』の内容は忘れましたが、たぶんコレを先に読めば若干楽しみを削がれるので順番に読む事をオススメします。『ダビデの暗号』がウンヌンカンヌンって部分があっても全く気にしない人ならこの本を単独でも大丈夫です。 …続きを読む
    はらぺこ
    2013年05月06日
    64人がナイス!しています
  • ★★★☆当作は芥川隆之介を探偵役に、義経伝説を追う作品。とはいえ、よくある ”義経=ジンギスカン”説ではない。この表のテーマが真実よりかは、裏テーマについて、どちらかというと 作家がほんとうに伝えたか ★★★☆当作は芥川隆之介を探偵役に、義経伝説を追う作品。とはいえ、よくある ”義経=ジンギスカン”説ではない。この表のテーマが真実よりかは、裏テーマについて、どちらかというと 作家がほんとうに伝えたかったのは こちらではないだろうか。よくよく考えれば、井沢作品には 表題のメインテーマとは別に、裏に潜む巨大な政治や経済、文化などについての真実の考察の方が、ほんとうに言いたいことなんではないかと。そう考えて読み直せば、新たな発見が生まれるのではないか、そんな思いを持ちながら、読み耽った作品であった。 …続きを読む
    とも
    2016年12月30日
    33人がナイス!しています
  • 芥川龍之介が探偵となり義経清祖説の謎を追う。明智小五郎が出て来たり、ロマノフ朝の遺児アナスタシアが出て来たり。 芥川龍之介が探偵となり義経清祖説の謎を追う。明智小五郎が出て来たり、ロマノフ朝の遺児アナスタシアが出て来たり。
    しーふぉ
    2014年07月04日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品