いつか、虹の向こうへ

第25回 横溝正史ミステリ大賞<大賞・テレビ東京賞>

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年05月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784048736121

第25回 横溝正史ミステリ大賞<大賞・テレビ東京賞>

いつか、虹の向こうへ

  • 著者 伊岡 瞬
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年05月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784048736121

第25回横溝正史ミステリ大賞&テレビ東京賞、W受賞作!

奇妙な同居生活を送っている元刑事の尾木と3人の居候。家出少女が彼らの家に転がり込んできたことをきっかけに、殺人事件に巻き込まれてしまうが……。第25回横溝正史ミステリ大賞&テレビ東京賞ダブル受賞作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「いつか、虹の向こうへ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ロジカルには解けない。実は尾木さんが真犯人かもとまで思いましたよ。ヒントを意図的に隠してても大賞受賞できてしまうのですね。なかなか読み進まない文章量だけに読み逃したかと思ったよ。それにしてもヤクザさん ロジカルには解けない。実は尾木さんが真犯人かもとまで思いましたよ。ヒントを意図的に隠してても大賞受賞できてしまうのですね。なかなか読み進まない文章量だけに読み逃したかと思ったよ。それにしてもヤクザさんたちは怖いですね。 …続きを読む
    takaC
    2017年12月14日
    87人がナイス!しています
  • 伊岡さんのデビュー作。スラスラと読み始めたが、終盤がややこしかった。表現がユニークで、センスあるなあと感じた。ハードボイルドということで、危ない場面も多いけど主人公の寂しさや優しさが伝わってきた。 伊岡さんのデビュー作。スラスラと読み始めたが、終盤がややこしかった。表現がユニークで、センスあるなあと感じた。ハードボイルドということで、危ない場面も多いけど主人公の寂しさや優しさが伝わってきた。
    もぺっと
    2017年10月25日
    34人がナイス!しています
  • ★3.5 面白かったような気がするけど、よく考えると平凡なストーリーだったかな。謎の女を家に泊めたら、その女を美人局に使ってたヤクザの男が殺されて、それを調査するようにヤクザに脅されて、犯人見つけない ★3.5 面白かったような気がするけど、よく考えると平凡なストーリーだったかな。謎の女を家に泊めたら、その女を美人局に使ってたヤクザの男が殺されて、それを調査するようにヤクザに脅されて、犯人見つけないと、お前を犯人として脅すと言われ、黒幕はヤクザの幹部で、証人を隠して、しかもその証人は組長の女で、幹部は殺されて、じゃあ犯人はっていうと、同居人の精神がおかしくなってしまった女だったと。 …続きを読む
    akira_1990
    2017年09月24日
    34人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品