幽剣抄 妻の背中の男

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041664247

幽剣抄 妻の背中の男

  • 著者 菊地 秀行
  • デザイン 角川書店装丁室 高柳雅人
  • イラスト 蓬田 やすひろ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041664247

斬れるか、おれが? 顔は楽しげにそう笑った――。

徒目付の九鬼原が家にたどり着くと、妻の知世が「おかえりなさいませ」と迎えに出てきた。だが、その声は品のない男の声だった。知世の背中に男の顔が浮かびあがり、そこから出た声だったのである。時代小説怪異譚!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「幽剣抄 妻の背中の男」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 市図→→九鬼原の美しき妻・知也の背に浮かび上がった三十半ばの脂肪ぎった男の顔。それはかつて、知也に求愛していた千田君平のものだった。千田は、何者かに襲われ命を落とし、その後、知也の背中にとりついたので 市図→→九鬼原の美しき妻・知也の背に浮かび上がった三十半ばの脂肪ぎった男の顔。それはかつて、知也に求愛していた千田君平のものだった。千田は、何者かに襲われ命を落とし、その後、知也の背中にとりついたのである。なんとか千田を成仏させようとする九鬼原だったが―(「妻の背中の男」より)。藩のため、家のため、剣のためすべてを失った下級武士たちの姿を悲哀とユーモアで綴った時代小説怪異譚。 …続きを読む
    たーくん
    2019年04月13日
    8人がナイス!しています
  • 表題作の「妻の背中の男」、そして「うるさ方」が決着しないものの面白く読めました。逆に「僕の世界」、「戦さ人」はモヤモヤが残ってしまい不完全燃焼。今の世の中がベストかどうかは別として、武士の世よりは生き 表題作の「妻の背中の男」、そして「うるさ方」が決着しないものの面白く読めました。逆に「僕の世界」、「戦さ人」はモヤモヤが残ってしまい不完全燃焼。今の世の中がベストかどうかは別として、武士の世よりは生きやすいかもしれませんね。 …続きを読む
    へいぞー
    2019年03月17日
    3人がナイス!しています
  • 不思議で怪しい時代短編集。ホラーというよりは怪談と言いたい、どこか懐かしい不思議な話。 不思議で怪しい時代短編集。ホラーというよりは怪談と言いたい、どこか懐かしい不思議な話。
    kuroro
    2016年09月19日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品