角川文庫

オレンジデイズ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041966235

角川文庫

オレンジデイズ

  • 脚本 北川 悦吏子
  • デザイン 片岡 忠彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041966235

沈む寸前の夕焼けのような、青春の日々を北川悦吏子が描く名作ドラマ

就職活動中の櫂は、耳の不自由なバイオリニスト、沙絵と出会う。同じ大学の3人を加え、5人で「オレンジの会」を結成。忘れられない青春の日々は、友情が恋に変わる季節でもあった。ドラマノベライズ。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「オレンジデイズ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★☆☆18046 彼女、将来を有望視されたバイオリニストなのに耳が聞こえなくなっちゃったんだ。キツイね〜。耳が駄目だと指揮者のタクトを目で追う負担が普通の人よりも多い演奏だろうからね。しかもバイ ★★★☆☆18046 彼女、将来を有望視されたバイオリニストなのに耳が聞こえなくなっちゃったんだ。キツイね〜。耳が駄目だと指揮者のタクトを目で追う負担が普通の人よりも多い演奏だろうからね。しかもバイオリンはフレットレスだから音程も耳に頼るところが大だし。まあとにかくグッときてしまう凄ーくいい話でした〜。キュンキュン!ただ、読み始めはそうでもなかったのですが、読み慣れない《会話→ト書き→会話→ト書き》という脚本的文体が会話を分断してしまうことになかなか馴染めなくて、ひとたび気になるとずーっとひきずる〜。。 …続きを読む
    相田うえお
    2018年06月15日
    134人がナイス!しています
  • 大学生という今だからこそ、進路のこと仲間のこと恋愛、共感できる面も多かったし、まさに青春という感じで温かい作品だった。内定が決まりそうなのに自分が本当にやりたいことを選択した櫂、耳が聞こえなくても仲間 大学生という今だからこそ、進路のこと仲間のこと恋愛、共感できる面も多かったし、まさに青春という感じで温かい作品だった。内定が決まりそうなのに自分が本当にやりたいことを選択した櫂、耳が聞こえなくても仲間に支えられて前向きに生きていく沙絵。学生と社会人の狭間にいるこの時期の友達との思い出、恋愛で得たものは、後になっても彼らにとってかけがえのないものになるんだろうな。”「櫂、いってらっしゃい」「いってきます」櫂は自信を持ってその一歩を踏みしめた”明るい未来へと繋がっていくラストも良い。大学生っていいな!! …続きを読む
    ひめか*
    2016年04月26日
    43人がナイス!しています
  • ドラマも見てたけどやっぱりこういう大学生活を送りたかったなぁって今でも思ってしまう。 ドラマも見てたけどやっぱりこういう大学生活を送りたかったなぁって今でも思ってしまう。
    mitei
    2012年06月17日
    43人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品