のんちゃんのふとん

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年08月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
168
ISBN:
9784048740968

のんちゃんのふとん

  • 著者 北川 悦吏子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年08月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
168
ISBN:
9784048740968

苦しくて、でも心温まる日々のこと。

人気脚本家・北川悦吏子が今ここに明かす、激動の日々。重篤な病気、手術、辛い治療、そして仕事復帰への歩み……それを支えたのは、愛娘のんちゃんの存在だった。日常を赤裸々に綴った、感動のエッセイ。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「のんちゃんのふとん」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 心をえぐりとられるような痛みを経験したことがある。もちろん、病気や入院も。だから、手に取った本。読んでよかったです。全てが共感するわけではないけど、一歩、前を向いて歩く力を頂きました。 心をえぐりとられるような痛みを経験したことがある。もちろん、病気や入院も。だから、手に取った本。読んでよかったです。全てが共感するわけではないけど、一歩、前を向いて歩く力を頂きました。
    そら
    2017年10月07日
    8人がナイス!しています
  • 泣く。 自分もなかなか辛い今日この頃。 娘がいて本当に良かったと毎日思う。 この本は、図書館本だけれど、買っちゃおうかと思うほど。 泣く。 自分もなかなか辛い今日この頃。 娘がいて本当に良かったと毎日思う。 この本は、図書館本だけれど、買っちゃおうかと思うほど。
    Mari T
    2018年12月18日
    4人がナイス!しています
  • テレビドラマは見ないので、著者のことは知らなかった。難病を患っている脚本家のエッセイということで、読んでみたくなった。私の妻も病気なので、何かしら共感できることや新たな気付きがあるかなと思って。さすが テレビドラマは見ないので、著者のことは知らなかった。難病を患っている脚本家のエッセイということで、読んでみたくなった。私の妻も病気なので、何かしら共感できることや新たな気付きがあるかなと思って。さすが人気脚本家だけあって、情景や心情がとても伝わる、感動のエッセイだった。妻も少なからず、同じように感じているのかなぁ、と思いながら読みすすめた。神様に感謝なおかつ病気の人にやさしくします。しあわせ病のオチ、ちょっと笑けました。 …続きを読む
    やもち
    2014年10月15日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品