角川文庫

フォア・フォーズの素数

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041883075

角川文庫

フォア・フォーズの素数

  • 著者 竹本 健治
  • イラスト 門坂 流
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041883075

人間の孤独と狂気を静かに描き出す、13編の竹本健治ワールド

誰もが一度は経験する、少年の日の孤独と別れ――。無垢な魂が結晶した、待望の短編集が登場。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「フォア・フォーズの素数」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 学生時代に出会いたかった本。数学は好きじゃないけど、表題作には引き込まれるものがあった。つい数学のおさらいしちゃったし。他の作品も一風変わったものばかり。分かりづらいのもあった(序盤に固まってる)けど 学生時代に出会いたかった本。数学は好きじゃないけど、表題作には引き込まれるものがあった。つい数学のおさらいしちゃったし。他の作品も一風変わったものばかり。分かりづらいのもあった(序盤に固まってる)けど、それぞれにトーンが違ってて、読んでて飽きが来なかった。 …続きを読む
    CCC
    2012年08月08日
    2人がナイス!しています
  • やはり表題作が非常に良い。数字を何か別のものに喩えてむりやり情感を\付加\するのではなく、数的思考そのものの神秘や好奇心を描いている。 やはり表題作が非常に良い。数字を何か別のものに喩えてむりやり情感を\付加\するのではなく、数的思考そのものの神秘や好奇心を描いている。
    からすとうさぎ
    2010年04月08日
    2人がナイス!しています
  • ごった煮短編集。ありがちなオチだけどエログロ描写で凌駕させた感のある強烈な一編「非時の香の木の実」、カレーの辛さに取り憑かれ、はるかなる高みにまで文字通りヒートアップしていく模様を描いた「白の果ての扉 ごった煮短編集。ありがちなオチだけどエログロ描写で凌駕させた感のある強烈な一編「非時の香の木の実」、カレーの辛さに取り憑かれ、はるかなる高みにまで文字通りヒートアップしていく模様を描いた「白の果ての扉」が印象深い。 …続きを読む
    半殻肝
    2010年04月05日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品