試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784043731039

非在

  • 著者 鳥飼 否宇
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784043731039

人魚、朱雀、仙人、不老不死伝説……絶海の孤島で起こる伝承連続殺人

写真家の猫田は奄美大島で不審なフロッピーを拾う。その内容は、大学生数名が人魚の存在を求めて幻の島へ渡り、殺人事件に巻き込まれるというもの。すぐさま捜査が行われたが、それらしい島さえ存在しないという……

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「非在」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本当は昆虫探偵や妄想女刑事みたいなのが読みたいんだけど仕方なくで読んだ非在だがこれもまた一癖ありな小説だよね。 本当は昆虫探偵や妄想女刑事みたいなのが読みたいんだけど仕方なくで読んだ非在だがこれもまた一癖ありな小説だよね。
    takaC
    2018年09月06日
    65人がナイス!しています
  • 非在なるものに踊らされた男たちの悲劇。憐れとしか云いようのない不幸な結末。しかし壮絶だった。善良なる、すくなくともほんの2、3か月まえまでは善良であった人間が、ここまで狂ってしまえるものなのだろうか。 非在なるものに踊らされた男たちの悲劇。憐れとしか云いようのない不幸な結末。しかし壮絶だった。善良なる、すくなくともほんの2、3か月まえまでは善良であった人間が、ここまで狂ってしまえるものなのだろうか。人魚、朱雀、仙人、蓬莱の島。ここでいったい彼らに何が起こったと云うのか。不気味な作中作を交えたサスペンスフルな孤島ミステリでありました。 …続きを読む
    瑞佳
    2018年08月27日
    35人がナイス!しています
  • 前半読みにくい部分はあったけど孤島を舞台にしていたり、手記を含んだ構成だったり、豊富な蘊蓄が語られていたりとミステリとしててんこ盛りな内容。探検活動などネイチャーな感じが売りなんだろうけど、それ込み全 前半読みにくい部分はあったけど孤島を舞台にしていたり、手記を含んだ構成だったり、豊富な蘊蓄が語られていたりとミステリとしててんこ盛りな内容。探検活動などネイチャーな感じが売りなんだろうけど、それ込み全体の雰囲気が良さげでした。 …続きを読む
    ヒロユキ
    2012年06月14日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品