わくらば日記

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年12月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048736701

わくらば日記

  • 著者 朱川 湊人
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年12月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048736701

今もっとも期待される気鋭が、昭和のノスタルジーに載せて贈る事件簿。

私の姉様には不思議な力がありました。その力は、ある時は人を救いもしましたが、姉さまの命を縮めてしまったのやもしれません……少女の不思議な力が浮かび上がらせる人間模様を、やるせなく描く昭和事件簿。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「わくらば日記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『銀河に口笛』では男子版ノスタルジーを満喫しましたが、こちらは女子版。昭和30年代の東京を舞台にした、ある姉妹の成長物語です。家族愛・隣人愛・庶民の暮らしぶりなどの普遍的材料と、凄惨な事件や不思議な力 『銀河に口笛』では男子版ノスタルジーを満喫しましたが、こちらは女子版。昭和30年代の東京を舞台にした、ある姉妹の成長物語です。家族愛・隣人愛・庶民の暮らしぶりなどの普遍的材料と、凄惨な事件や不思議な力などの特殊な材料が絶妙にmixされた珠玉の逸品。戦争の記憶が色濃く残る時代、そこに生きる人々の喜怒哀楽が姉妹の活躍を通して鮮やかに浮かび上がってきます。その切なく哀しい時代性が裏テーマなのかも。心がじんわりと温かくなる読後感。nyancoさん、財布にジャックさん、素敵な面白本を薦めて頂き大・大感謝です!続 …続きを読む
    めろんラブ 
    2010年08月19日
    135人がナイス!しています
  • 東京オリンピックを数年後に控えた昭和の時代。舗装道路より砂利道の多かった時代。そんな夕焼けの中に浮かぶような物語。不思議な力が姉の体を蝕むかのように、いつの間にか振り回されるように事件に巻き込まれてい 東京オリンピックを数年後に控えた昭和の時代。舗装道路より砂利道の多かった時代。そんな夕焼けの中に浮かぶような物語。不思議な力が姉の体を蝕むかのように、いつの間にか振り回されるように事件に巻き込まれていく。今とは違う家族のかたち、世間との繋がり。なんか…懐かしい世界に迷い混んだ気分で読み終えた。やっぱ…朱川さんだなぁとしみじみしなから。今回も表紙がいいんですよ。表紙も物語のムードつくりに一役かってます。引き続き、昭和の時代をさ迷ってきます。点訳したい1冊。 …続きを読む
    あつひめ
    2013年09月08日
    129人がナイス!しています
  • 昭和30年代の東京下町を舞台にした不思議な物語。戦後10数年が経ち高度経済成長の波に乗り豊かになっていく様子や「隣の子も叱る」ような生活が当たり前だったこの時代がとても好きだ。お化け煙突の懐かしい不思 昭和30年代の東京下町を舞台にした不思議な物語。戦後10数年が経ち高度経済成長の波に乗り豊かになっていく様子や「隣の子も叱る」ような生活が当たり前だったこの時代がとても好きだ。お化け煙突の懐かしい不思議感がこの作品を象徴していると思う。つい先を読み急ぎたくなる巧みな構成でどの話も楽しんだが『流星のまたたき』が一番好き。切なさと永遠と思えるような哀しさが残る。『春の悪魔』姉妹の父の子供時代の話がすごく恐いよ~!そして特筆すべきは姉妹の母。厳しさと優しさ、品の良さ、逞しさ。まさに「日本の良き母」の姿! …続きを読む
    しろいるか
    2011年10月11日
    98人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品