角川文庫

アラビアの夜の種族 I

日本推理作家協会賞&日本SF大賞受賞作、堂々の文庫化!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043636037

角川文庫

アラビアの夜の種族 I

日本推理作家協会賞&日本SF大賞受賞作、堂々の文庫化!

  • 著者 古川 日出男
  • デザイン 片岡 忠彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784043636037

日本推理作家協会賞&日本SF大賞受賞作、堂々の文庫化!

聖遷暦一二一三年、偽りの平穏に満ちたカイロ。訪れる者を幻惑するイスラムの地に、迫り来るナポレオン艦隊。対抗する術計はただ一つ、極上の献上品「災厄の書」。それは大いなる陰謀のはじまりだった。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「アラビアの夜の種族 I」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • タイトルに魅かれてⅠ~Ⅲ巻を一気に購入。第Ⅰ巻を読み終えたところだが、早くも先行きへの不安が…。すなわち、1番いいのがタイトルで、2番目がジャケットのデザインということになりはしないかと。さて、物語は タイトルに魅かれてⅠ~Ⅲ巻を一気に購入。第Ⅰ巻を読み終えたところだが、早くも先行きへの不安が…。すなわち、1番いいのがタイトルで、2番目がジャケットのデザインということになりはしないかと。さて、物語は入れ子構造をとった、なかなかに凝ったものではある。外枠がナポレオン軍が迫り来るエジプトといった、佐藤亜紀の歴史小説を想起させるような構え。そして、内包されているのは『災厄の書』から「ゾハルの地下宮殿の物語」。全4夜のこの物語が第1巻の中核を成している。前半の語りこそは荘重なのだが、しだいに馬脚を現すのは⇒ …続きを読む
    ヴェネツィア
    2018年10月24日
    365人がナイス!しています
  • おもしろい。近代兵器を携えてフランスのナポレオンが攻め込もうとしているエジプトを舞台に、そのナポレオンに対抗する「災厄の書」を綴る夜の種族たちの物語。作中作という仕掛けがあることで、すんなりと現実世界 おもしろい。近代兵器を携えてフランスのナポレオンが攻め込もうとしているエジプトを舞台に、そのナポレオンに対抗する「災厄の書」を綴る夜の種族たちの物語。作中作という仕掛けがあることで、すんなりと現実世界から魔術が飛び交うファンタジーの世界に移行し、2つの世界を交互に行き来することで、次第に読者そのものを夢うつつの世界へといざなう。また、アラビアの世界という日本の読者にとってなじみが薄い設定でありながら、滑らかでどこかきざな日本語が読んでいて心地よい。そして邪神が意外とかわいいぞ。 …続きを読む
    徒花
    2017年08月23日
    362人がナイス!しています
  • ナポレオン・ボナパルトがエジプト侵攻に着手した頃。第三番目の権力者に愛でられた奴隷アイユーブは、ナポレオン艦隊を駆逐する奇策を主人に提案します。それは、読み手に破滅をもたらすという伝説の書物「災厄の書 ナポレオン・ボナパルトがエジプト侵攻に着手した頃。第三番目の権力者に愛でられた奴隷アイユーブは、ナポレオン艦隊を駆逐する奇策を主人に提案します。それは、読み手に破滅をもたらすという伝説の書物「災厄の書」を献上すること。アイユーブは、実在しない書をでっち上げるため、夜の種族たる語り部に、毎夜空前絶後の物語を紡がせます。第1巻は魔導士アーダムと蛇神をの愛憎劇が描かれています。書物の、書物による、書物のため物語。翻訳小説でありながら、著者らしいリズムと美しい日本語で彩られた奇書の開幕です。第2巻に続きます。 …続きを読む
    hit4papa
    2017年04月26日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品