試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041315262

幸福論

  • 著者 寺山 修司
  • デザイン 鈴木成一デザイン室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041315262

既成の退屈な幸福論をぶっとばせ! 真にユニークな画期的評論。

裏町に住む、虐げられし人々に幸福を語る資格はないのか? 古今東西の幸福論に鋭いメスを入れ、イマジネーションを駆使して考察。既成の退屈な幸福論をくつがえす、ユニークで新しい寺山的幸福論。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「幸福論」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 既存する書物から映画から舞台から歌謡曲から、そこにある言葉や体験から考察される「幸福論」。覚悟とは変身の思想、出会いとは他人、必然は社会的・偶然は個人的(このリストがまた面白い)「知らぬふり」と「知ろ 既存する書物から映画から舞台から歌謡曲から、そこにある言葉や体験から考察される「幸福論」。覚悟とは変身の思想、出会いとは他人、必然は社会的・偶然は個人的(このリストがまた面白い)「知らぬふり」と「知ろうとしない」等々、唆られる言葉とその先の想像や思考が論じられていて、中でも「性」の章が一番いきいきとしているなぁと思いました。加賀まりこや風吹ジュン、佐良直美を若干ながら知っていた自分は、少しでも寺山修司と時代を共有してたんだと思うと感慨深いものがありますね。 …続きを読む
    里愛乍
    2017年12月22日
    40人がナイス!しています
  • 感想の書きにくい本です。いつもの寺山修司とは、ちょっぴり違います。しかしやはり寺山修司の書くギャンブルの話は涙がこぼれそうになるほど切ない。印刷所経営のおっちゃんの話でブワっときました…。 感想の書きにくい本です。いつもの寺山修司とは、ちょっぴり違います。しかしやはり寺山修司の書くギャンブルの話は涙がこぼれそうになるほど切ない。印刷所経営のおっちゃんの話でブワっときました…。
    北風
    2015年03月19日
    38人がナイス!しています
  • 積みから読了。この前友人が寺山修司のセリフを引用してたのを聞いて「久々に寺山修司を読むか」と思い立った次第。まだ読んでいなかった寺山修司の『幸福論』、好きな作家の一人に寺山修司を挙げていますが、おそら 積みから読了。この前友人が寺山修司のセリフを引用してたのを聞いて「久々に寺山修司を読むか」と思い立った次第。まだ読んでいなかった寺山修司の『幸福論』、好きな作家の一人に寺山修司を挙げていますが、おそらく今まで読んだ彼の本の中でも一番難解だった。まだ読むのが早かったと思いたいけど、これを理解できる日はおそらくこないだろうなぁ。 …続きを読む
    ゆーしー
    2016年07月11日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品