第11回 日本ホラー小説大賞 短編賞

角川ホラー文庫

お見世出し

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年11月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784043769018
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

第11回 日本ホラー小説大賞 短編賞

角川ホラー文庫

お見世出し

  • 著者 森山 東
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年11月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784043769018

第11回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作

「お見世出し」とは花街で修業を積んできた少女が舞妓としてデビューするための儀式のこと。綾乃のお見世出しの日に、30年前に死んだ幸恵という少女の霊が現れて――。第11回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「お見世出し」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 三作品とも面白かった。ただ、「呪扇」のインパクトが強すぎて他の二作品が霞んでしまう。 三作品とも面白かった。ただ、「呪扇」のインパクトが強すぎて他の二作品が霞んでしまう。
    じゅんぢ
    2019年01月12日
    37人がナイス!しています
  • 『お見世出し』『お化け』『呪扇』の3篇からなる京都花街ホラーは思った以上に楽しめた。舞妓、芸妓、扇子職人がそれぞれの篇で淡々と恐怖譚を語るのだがパターンが一緒なのでやや面白味に欠ける。しかしそれ以上 『お見世出し』『お化け』『呪扇』の3篇からなる京都花街ホラーは思った以上に楽しめた。舞妓、芸妓、扇子職人がそれぞれの篇で淡々と恐怖譚を語るのだがパターンが一緒なのでやや面白味に欠ける。しかしそれ以上にはんなりとした京言葉や花街の世界観が魅力的で、その雰囲気にグッと引き込まれた。登場人物の悲しい過去の件でちょっとホロっと来たかと思えばラストで切れ味のある怖さで落とすパターンも気に入った。『呪扇』の残虐的な展開も予想外で、さらりと語る怖さが余韻を引く。☆3.5 …続きを読む
    アメマ
    2016年08月21日
    34人がナイス!しています
  • 京都を舞台にしたホラー短編集。三編のうち「お見世出し」と「お化け」は京都花街の芸舞妓さんのお話。花街という独特な世界で女の嫉妬が悲しい結末に今も昔も女だけの世界で妬み、虐め、上下関係あるある。京ことば 京都を舞台にしたホラー短編集。三編のうち「お見世出し」と「お化け」は京都花街の芸舞妓さんのお話。花街という独特な世界で女の嫉妬が悲しい結末に今も昔も女だけの世界で妬み、虐め、上下関係あるある。京ことばがより一層冷酷に響く。「お化け」も昔からの伝統行事を今も受け継いでいる花街の行事の一つ。毎年三月三日の節分に芸舞妓さんが仮装してお座敷回りをする日に起きた話。「呪扇」は100年に一度作ると言われている大呪扇。作る工程でグロ描写あり。あまりにも詳しすぎる作り方に驚愕。京ことばのホラーもなかなか味わい深く感じる。 …続きを読む
    キンモクセイ
    2019年05月11日
    31人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品