赤に捧げる殺意

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年04月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784048735926

赤に捧げる殺意

  • 著者 有栖川 有栖
  • 著者 折原 一
  • 著者 太田 忠司
  • 著者 赤川 次郎
  • 著者 西澤 保彦
  • 著者 霞 流一
  • 著者 鯨 統一郎
  • 著者 麻耶 雄嵩
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年04月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784048735926

豪華著者によるミステリーアンソロジー決定版!

火村&有栖が、メルカトル鮎が、狩野俊介が! なだたる名探偵たちが不可解な謎に挑む!! 豪華執筆陣が贈る、緻密かつ精密な論理の迷宮への招待状。超絶アンソロジー第2弾登場!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「赤に捧げる殺意」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 偶然手にした1冊でしたが、なかなかどうして・・・とても楽しませていただきました。名探偵の謎解き勝負のようで・・・。面白かった~。ミステリー作品はあまり読んでいなかったのですが、こういうアンソロジー的な 偶然手にした1冊でしたが、なかなかどうして・・・とても楽しませていただきました。名探偵の謎解き勝負のようで・・・。面白かった~。ミステリー作品はあまり読んでいなかったのですが、こういうアンソロジー的なものも十分作家さんの個性を発揮できますね。「青に捧げる悪夢」というのも出ているとか・・・こちらもぜひ読んでみたいです。赤川次郎さんの「命の恩人」鯨統一郎さんの「Aは安楽椅子のA」が印象的。さっそく青を予約しなくちゃ!! …続きを読む
    あつひめ
    2011年03月19日
    22人がナイス!しています
  • 有栖川有栖さんと麻耶雄嵩さん目当てでしたが、全員好きな作家さんだったので甲乙つけがたし。アンソロミステリーとして、誰にでもオススメできる一冊でした。 有栖川有栖さんと麻耶雄嵩さん目当てでしたが、全員好きな作家さんだったので甲乙つけがたし。アンソロミステリーとして、誰にでもオススメできる一冊でした。
    那由多
    2019年02月19日
    13人がナイス!しています
  • 「青」もあるらしいがあんまり惹かれるメンツじゃないかなぁ(おい)なんて思いながら読んだけど、こっちもさほど面白くもなくて残念(おいおい)。色々な探偵が登場するがこの本からはドキッとするような出会いは期 「青」もあるらしいがあんまり惹かれるメンツじゃないかなぁ(おい)なんて思いながら読んだけど、こっちもさほど面白くもなくて残念(おいおい)。色々な探偵が登場するがこの本からはドキッとするような出会いは期待できないような。そんな中意外と良かったのが赤川次郎。つかどれにも全然「赤」要素なかったんだけどいいのか?w …続きを読む
    ふう
    2017年06月01日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品