角川文庫

月魚

夢を見ることも、野心もすべてあの夏の日に生まれた。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784043736027
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

月魚

夢を見ることも、野心もすべてあの夏の日に生まれた。

  • 著者 三浦 しをん
  • デザイン カウベルデザイン
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784043736027

夢を見ることも、野心もすべてあの夏の日に生まれた。

『無窮堂』は古書業界では名の知れた老舗。その三代目に当たる真志喜と「せどり屋」と呼ばれるやくざ者の父を持つ太一は幼い頃から兄弟のように育つ。ある夏の午後に起きた事件が二人の関係を変えてしまう。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「月魚」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「お前は本を愛しすぎる」「欲しい人の間を渡り歩ける本を生きている本と呼ぶんだ」なんて素敵な古本屋。こんな人達に買い取ってもらえたら大切な本を手放すことにもきちんと意味を与えてもらえそう。「水底にさ、建 「お前は本を愛しすぎる」「欲しい人の間を渡り歩ける本を生きている本と呼ぶんだ」なんて素敵な古本屋。こんな人達に買い取ってもらえたら大切な本を手放すことにもきちんと意味を与えてもらえそう。「水底にさ、建物が沈んでたら面白いのにね」過去という影に怯えながら、月の明かりを頼りに深い底を泳ぐ魚をそっと重ねて。依存を愛という言葉に置き換えるまでは探らないのが良い。まるで水のように濁りのない心で全てを瞳に映す彼らだから言えた言葉は「名づけられない大切なものがそこには確かにあった」ずっとこのままで本に触れていてほしい。 …続きを読む
    優愛
    2014年11月26日
    505人がナイス!しています
  • 未知の世界に導かれたよ。どっぷり浸かれた。 未知の世界に導かれたよ。どっぷり浸かれた。
    takaC
    2013年02月15日
    419人がナイス!しています
  • 「無窮堂」という古書店の三代目店主とその友人との物語。友人の父が無窮堂の初代に目をかけられたことから幼くして兄弟のように育った。その二人の思い出やエピソードが綴られながら、本を軸とした出来事が語られる 「無窮堂」という古書店の三代目店主とその友人との物語。友人の父が無窮堂の初代に目をかけられたことから幼くして兄弟のように育った。その二人の思い出やエピソードが綴られながら、本を軸とした出来事が語られる。精緻な語り口、また「月魚」というタイトルは多分文中に出てくる夜の池に跳ぶ鯉のことだろうが、静けさの中に一瞬の動的な動きを映し出す、三浦しをんの卓越した文章力が光る本でもある。 …続きを読む
    kishikan
    2010年03月28日
    401人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品