くもはち 偽八雲妖怪記

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044191207

くもはち 偽八雲妖怪記

  • 著者 大塚 英志
  • デザイン FISCO
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044191207

明治に怪事件を追う。妖怪ミステリー!

夏目漱石や柳田國男ら明治の文士の元に舞い込んだ怪事件。義眼の三文怪談作家のくもはちと、のっぺらぼうむじなコンビが騒動の末に明らかにする真実は……? 明治民俗学ミステリ!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「くもはち 偽八雲妖怪記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • (*_*)苦手だなあ~!のっぺらぼうにあんまり驚かない明治時代。田山花袋の蒲団を読んだばかりだったのは良かった。5点満点で3点。 (*_*)苦手だなあ~!のっぺらぼうにあんまり驚かない明治時代。田山花袋の蒲団を読んだばかりだったのは良かった。5点満点で3点。
    バトルランナ-
    2014年07月14日
    17人がナイス!しています
  • この作品はファンタジーと割り切らなきゃ突っこみ所満載でろくに読めません。だってのっぺらぼうが皆に騒がれる事なく生活出来るわけないし、目・耳・鼻・口が無いのに探偵?の助手紛いの事出来ないしね。著名な文豪 この作品はファンタジーと割り切らなきゃ突っこみ所満載でろくに読めません。だってのっぺらぼうが皆に騒がれる事なく生活出来るわけないし、目・耳・鼻・口が無いのに探偵?の助手紛いの事出来ないしね。著名な文豪達がちょいちょい脇役で出て来る設定は面白かった。「蜂蜜と外套」が好きです。 …続きを読む
    青葉麒麟
    2016年11月24日
    16人がナイス!しています
  • のっぺら坊になってしまった挿絵画家の「むじな」と右目が義眼の謎多い怪談作家の「くもはち」が妖怪絡みの事件を解決するお話。夏目漱石や柳田國男といった文豪が出てきて面白かった。作品を読んでいればもっと楽し のっぺら坊になってしまった挿絵画家の「むじな」と右目が義眼の謎多い怪談作家の「くもはち」が妖怪絡みの事件を解決するお話。夏目漱石や柳田國男といった文豪が出てきて面白かった。作品を読んでいればもっと楽しめたかも。続きをもっと読んでみたいけど、もう出そうになくて残念。 …続きを読む
    半熟タマゴ
    2013年01月20日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品