白鳥の王子 ヤマトタケル 東征の巻(上)

白鳥の王子 ヤマトタケル 東征の巻(上) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2004年03月12日
商品形態:
電子書籍

白鳥の王子 ヤマトタケル 東征の巻(上)

  • 区分表記なし 黒岩 重吾
発売日:
2004年03月12日
商品形態:
電子書籍

熊襲を征討して平穏な日々を送ったのも束の間、東征へと出かけるヤマトタケル。雄渾な筆致で活写する壮大な歴史叙事詩

九州の熊襲を征討した倭建(ヤマトタケル)は大和に戻った。愛する弟橘媛に若建が生まれ、しばし平穏な日々を送ったのも束の間、倭国統一を目指す父・オシロワケ王(景行帝)は、三輪王朝に服従しない東の国々を討つことを建に命じる。東征を前に、叔母で巫女王の倭姫王は、神宝の剣と、火打石、薬を授け、建を励ました。伊勢の朝日雷郎を平定し、尾張に入った建を、首長・音彦の娘で妖しい魅力を湛えた宮簀媛が迎える。日本最古の英雄を、雄渾な筆致で活写する壮大な歴史叙事詩第三弾
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「白鳥の王子 ヤマトタケル 東征の巻(上)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 理解のための概略 大和の三輪王権は、タケルの父の王の頼りなさから、河内勢力に狙われている。更に東の方からも。朝鮮半島では、高句麗の脅威に対し百済からの援助以来。外地からの危険に対し日本でのまとまりを促 理解のための概略 大和の三輪王権は、タケルの父の王の頼りなさから、河内勢力に狙われている。更に東の方からも。朝鮮半島では、高句麗の脅威に対し百済からの援助以来。外地からの危険に対し日本でのまとまりを促す意味もあり、父の依頼で征夷将軍となり東に向かうも、伊勢の手前で朝日雷郎と戦うことに。まず、大和の中で、タケルを快く思わない老妃の八坂入媛と三輪政権の脆弱化を狙う政権内部の物部十千根がタケルの敵であり、朝日を唆したのは十千根の方であるようだ。さらに東に行ったタケル達は、尾張の音彦らとその東の敵に向かう …続きを読む
    ケイ
    2020年11月03日
    87人がナイス!しています
  • この巻はタケルが熊襲退治からヤマトへ戻り、次は東征へ旅立った。父王・景行天皇との確執、他氏族との関わりや対立等読んでいて楽しい。ただ一つ、倭建を優しく武勇優れる男として描きたい著者の気持ちは分かるが、 この巻はタケルが熊襲退治からヤマトへ戻り、次は東征へ旅立った。父王・景行天皇との確執、他氏族との関わりや対立等読んでいて楽しい。ただ一つ、倭建を優しく武勇優れる男として描きたい著者の気持ちは分かるが、父王・景行天皇をここまでこき下ろさなくても~♪なんて思う。タケルが行く冒険物語。妃にぞっこんだったタケルも巻ラストで恋バナも登場し益々面白くなってきた。次巻へ。 …続きを読む
    レアル
    2019年06月14日
    53人がナイス!しています
  • 倭建東征の巻。熊襲討伐から帰ったタケルの荒ぶる闘争心が妙に萎え戦いを疎むようになるのは、命のやり取りをくぐり抜けたという虚脱感からか。弟橘媛との再会と子の出産に穏やかな日々の幸福感に浸っていても、相も 倭建東征の巻。熊襲討伐から帰ったタケルの荒ぶる闘争心が妙に萎え戦いを疎むようになるのは、命のやり取りをくぐり抜けたという虚脱感からか。弟橘媛との再会と子の出産に穏やかな日々の幸福感に浸っていても、相も変わらず父王と八坂入媛はタケルを退けたい。物部十千根が謀るも成らず、五百城入彦王子との試合で無心に勝って結局東征将軍になってしまうタケルの運命が居た堪れない( ; ; )弟橘媛との愛を誓ってきたはずなのに宮簀媛の魔性?に魅入られるように床を共にしてしまう辺り、なんだか普通っぽくてちょっと笑ってしまった。 …続きを読む
    hrmt
    2019年03月31日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品