角川文庫

最後の忠臣蔵

四十七士ただ一人の生き残り、寺坂吉右衛門の人知れぬ煩悶。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784043687107
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

最後の忠臣蔵

四十七士ただ一人の生き残り、寺坂吉右衛門の人知れぬ煩悶。

  • 著者 池宮 彰一郎
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784043687107

四十七士ただ一人の生き残り、寺坂吉右衛門の人知れぬ煩悶。

血戦の吉良屋敷から高輪泉岳寺に引き揚げる途次、足軽・寺坂吉右衛門は内蔵助に重大な役目を与えられる。生き延びて戦の生き証人となれ。死出の旅に向かう四十六人を後に、一人きりの逃避行が始まった。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

『最後の忠臣蔵』映画予告篇


「最後の忠臣蔵」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 年末から年明けにかけて読み読了。赤穂浪士の吉良邸討ち入り後の後日談。大石内蔵助から生き残る事を託された足軽身分の寺坂吉右衛門。討ち入りの真実を語るために奔走する姿が描かれる連作短編集。吉良邸討ち入りに 年末から年明けにかけて読み読了。赤穂浪士の吉良邸討ち入り後の後日談。大石内蔵助から生き残る事を託された足軽身分の寺坂吉右衛門。討ち入りの真実を語るために奔走する姿が描かれる連作短編集。吉良邸討ち入りに加わった者たちだけでなく脱盟した元赤穂藩士の事も考え様々な手を打っていた内蔵助、まさしく策士だったんだろうなぁ~と言うのを読み進めながら感じる。内蔵助の京都山科での妾の可留のその後や瀬尾孫左衛門の義に熱い姿は切なくもあるが、心打たれるものがある。 …続きを読む
    アッキ@道央民
    2019年01月10日
    50人がナイス!しています
  • 著者はシナリオライターということで、鮮やかに印象に残るシーンがいくつもあった。ひとり生き残ることを命ぜられた四十七人目の志士・吉右衛門の苦しみが胸に迫る。生きるということは哀しみも背負うこと。それでも 著者はシナリオライターということで、鮮やかに印象に残るシーンがいくつもあった。ひとり生き残ることを命ぜられた四十七人目の志士・吉右衛門の苦しみが胸に迫る。生きるということは哀しみも背負うこと。それでも生きろと内蔵之助じきじきに告げられたこの重さ。そして忠臣ゆえの究極の選択。良い小説を読んだ。 …続きを読む
    佐島楓@勉強中
    2014年11月04日
    31人がナイス!しています
  • 赤穂浪士の討ち入り事件、所謂『忠臣蔵』をベースに、内蔵助に生き延びるように命令された男の姿を描く。『忠臣蔵』自体、歴史事件というより、物語性が強いので、それをさらに脚色している本作は、歴史小説とは少し 赤穂浪士の討ち入り事件、所謂『忠臣蔵』をベースに、内蔵助に生き延びるように命令された男の姿を描く。『忠臣蔵』自体、歴史事件というより、物語性が強いので、それをさらに脚色している本作は、歴史小説とは少し違うのかもしれない。硬質な文体で、侍の生き方を描き切って、分量はそれほどではないけど、お腹一杯になった。 …続きを読む
    抹茶モナカ
    2016年04月14日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品