妖櫻忌

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041959039

妖櫻忌

  • 著者 篠田 節子
  • イラスト 山田 りえ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041959039

大輪の華を咲かせるために、摘み取られたのは、わたし。

著名な女流作家、大原鳳月が死んだ。彼女の死を悼む編集者のもとに、大原の秘書、若桑律子が大原をモデルに綴った原稿を持ってくるが……朽ちる女たちの、死してなお消えない愛執の念を描いた意欲作!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「妖櫻忌」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この小説の着想の元になったのは、まず篇中にも何度か登場するモーツアルトの遺作となった「レクイエム」である。すなわち、全曲の半ばで息を引き取ったモーツアルトの後を受けて、凡庸な(?)弟子のジェスマイヤー この小説の着想の元になったのは、まず篇中にも何度か登場するモーツアルトの遺作となった「レクイエム」である。すなわち、全曲の半ばで息を引き取ったモーツアルトの後を受けて、凡庸な(?)弟子のジェスマイヤーが後半を師匠ばりに完成させたこと。ただし、ここでは触れられていないが、「レクイエム」には、もう一つのエピソードがある。それは、この曲を注文にやってきたのが黒装束の男で、モーツァルトは死神からの依頼かと思ったこと。もう一つの典拠は謡曲「砧」だろう。プロットは全く違うのだが、ここには「後妻(うわなり)打ち」と⇒ …続きを読む
    ヴェネツィア
    2018年02月02日
    315人がナイス!しています
  • 女流作家・大原鳳月が若手演出家と焼死した。編集者の堀口は、鳳月の秘書の若桑律子に、鳳月の数奇な生涯を書くように勧める。ところが律子の文章は鳳月のものにそっくりだった。鳳月と律子の関係は?カラクリがある 女流作家・大原鳳月が若手演出家と焼死した。編集者の堀口は、鳳月の秘書の若桑律子に、鳳月の数奇な生涯を書くように勧める。ところが律子の文章は鳳月のものにそっくりだった。鳳月と律子の関係は?カラクリがあるはず、と合理的に考えようとする堀口の周りで次々と起きる怪奇現象。律子に何が起きているのか?「私の人格は、私の人生は私のもの…二度と渡さない。」二人の女の愛と怨念がぶつかりあう様がすさまじい。<書く>という行為にかける執念の物語。律子の修辞たっぷりな文章が結構面白い。小池真理子さんが解説というのもピッタリだ。 …続きを読む
    エドワード
    2018年02月07日
    25人がナイス!しています
  • 読友さんのレビューで何度か目にして気になっていた篠田さん初読み。 女性が主人公のドラマが多いというイメージを持っていたが、裏表紙に「ホラー小説、解説•小池真理子」とあり、迷うことなくこの作品をチョイス 読友さんのレビューで何度か目にして気になっていた篠田さん初読み。 女性が主人公のドラマが多いというイメージを持っていたが、裏表紙に「ホラー小説、解説•小池真理子」とあり、迷うことなくこの作品をチョイス。女流作家の死後、編集者から頭脳明晰だが文芸作品を書くのは無理と評価されていた秘書が原稿を持ち込んで来る。暫くはミステリー的な流れが続くが、徐々にホラー色が強くなり背筋が寒くなる。「恐怖!」と言うほどでは無いが、終盤は結構ドキドキ。好みでした。こんな作品を書く作家さんだったんだ。他の作品も読みたい。 …続きを読む
    のぼる
    2018年01月08日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品