白い部屋で月の歌を

第10回 日本ホラー小説大賞 短編賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年11月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784043735013

第10回 日本ホラー小説大賞 短編賞

白い部屋で月の歌を

  • 著者 朱川 湊人
  • デザイン 田島 照久
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年11月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784043735013

詩情あふれる文章、斬新な設定がスパークする期待の新人

ジュンは除霊のアシスタントを務める少年だ。様々な霊魂を自分の体内に受け入れる際、白い部屋に自分がいるように見える。ある日、少女エリカと白い部屋で出会ったジュンはその面影に恋してしまったのだが。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「白い部屋で月の歌を」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 朱川さん9冊目。今までとはまた違った雰囲気が味わえた2編でした。「白い部屋で月の歌を」は始まりと終わりの幻想的な美しさが格別。タイトルも素敵。主人公の境遇に切ない思いをしていたところの予想外のオチには 朱川さん9冊目。今までとはまた違った雰囲気が味わえた2編でした。「白い部屋で月の歌を」は始まりと終わりの幻想的な美しさが格別。タイトルも素敵。主人公の境遇に切ない思いをしていたところの予想外のオチにはびっくり。まだまだ修行が足りないです。日本ホラー小説大賞短編賞受賞作ですが、『都市伝説セピア』の収録作品の方が私は断然好み。「鉄柱」は面白かったけど、朱川さんらしさがあまり感じられなかったかな。安楽死がテーマの小説を立て続けに読んだ後ということもあり、しみじみ感じ入ることもなく、読むタイミングを間違えたかも。 …続きを読む
    アッシュ姉
    2016年04月21日
    80人がナイス!しています
  • ホラー大賞を受賞した表題作よりも「鉄柱(クロガネノミハシラ)」が良かった。陸の孤島のような久々里町に越してきた雅彦と妻の晶子。誰もが優しく二人を迎え入れるが、この町には独特な慣習が存在した。逆L字型 ホラー大賞を受賞した表題作よりも「鉄柱(クロガネノミハシラ)」が良かった。陸の孤島のような久々里町に越してきた雅彦と妻の晶子。誰もが優しく二人を迎え入れるが、この町には独特な慣習が存在した。逆L字型の鉄柱の存在意義を知ると、世話好きで人懐っこい笑顔の町内会長も次第に不気味に見えてくる。しかし、後半では切なく同情も。一体誰がそれを設置したのか。それとも人ではない誰かか。朱川さんの小説は幾つも拝読したが、今作の後味の悪さはトップクラスだった。町名もそこから来ているのかと気付く。田舎の神事はつくづく恐ろしい。 …続きを読む
    ポップノア
    2020年08月16日
    74人がナイス!しています
  • 霊媒師の助手として働くジュン。ジュンの独白で綴られる、時に子供っぽく繊細な文章はとても美しい。そしてジュンの内部にある白い部屋、まるで外国映画に出てくるシュールな精神病棟の様な、そこはかとなく真っ白な 霊媒師の助手として働くジュン。ジュンの独白で綴られる、時に子供っぽく繊細な文章はとても美しい。そしてジュンの内部にある白い部屋、まるで外国映画に出てくるシュールな精神病棟の様な、そこはかとなく真っ白な何も無い部屋は、それにも増して美しい。もう1編の『鉄柱』。善人ばかりの小さな町。そこに引っ越した夫婦のお話し。「死」というものを見つめなおさずにはいられない怖くて切なくて哀しい物語。どちらもある種謎を孕みつつ読む手が止まらない。ダーク朱川さん、やはり面白い。 …続きを読む
    Bugsy Malone
    2016年09月04日
    69人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品