白い部屋で月の歌を

第10回 日本ホラー小説大賞 短編賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年11月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784043735013

第10回 日本ホラー小説大賞 短編賞

白い部屋で月の歌を

  • 著者 朱川 湊人
  • デザイン 田島 照久
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年11月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784043735013

詩情あふれる文章、斬新な設定がスパークする期待の新人

ジュンは除霊のアシスタントを務める少年だ。様々な霊魂を自分の体内に受け入れる際、白い部屋に自分がいるように見える。ある日、少女エリカと白い部屋で出会ったジュンはその面影に恋してしまったのだが。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「白い部屋で月の歌を」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 著者・朱川湊人氏は慶應大卒後、出版会社に勤務しながら執筆活動するも、なかなか芽が出ずにいた苦労人。しかし、作風をホラー作品に換え、2002年にデビューする。ホラー作品といえば、エログロなイメージを抱き 著者・朱川湊人氏は慶應大卒後、出版会社に勤務しながら執筆活動するも、なかなか芽が出ずにいた苦労人。しかし、作風をホラー作品に換え、2002年にデビューする。ホラー作品といえば、エログロなイメージを抱きやすいが、本作『白い部屋で月の歌を』は、イノセンスで透明感のある世界が広がっている。いわば、ホラー版\イノセント・ブルー\といった感じだろうか!?また、『鉄柱(クロガネノミハシラ)も、通常のホラー作品とは一線を画している読み応えのある仕上がりになっている俊作。 …続きを読む
    ヴェルナーの日記
    2021年04月19日
    292人がナイス!しています
  • 中編2作が収められています。表題作と「鉄柱」で両方とも新しいホラーのような感じで楽しめました。表題作では語り手がどのような人物か気になっていましたが最後に明らかになります。「鉄柱」の方はこの鉄柱がある 中編2作が収められています。表題作と「鉄柱」で両方とも新しいホラーのような感じで楽しめました。表題作では語り手がどのような人物か気になっていましたが最後に明らかになります。「鉄柱」の方はこの鉄柱がある地域自体が問題となります。読んでいて三津田さんと澤村さんとをイメージしました。 …続きを読む
    KAZOO
    2021年05月15日
    98人がナイス!しています
  • 朱川さん9冊目。今までとはまた違った雰囲気が味わえた2編でした。「白い部屋で月の歌を」は始まりと終わりの幻想的な美しさが格別。タイトルも素敵。主人公の境遇に切ない思いをしていたところの予想外のオチには 朱川さん9冊目。今までとはまた違った雰囲気が味わえた2編でした。「白い部屋で月の歌を」は始まりと終わりの幻想的な美しさが格別。タイトルも素敵。主人公の境遇に切ない思いをしていたところの予想外のオチにはびっくり。まだまだ修行が足りないです。日本ホラー小説大賞短編賞受賞作ですが、『都市伝説セピア』の収録作品の方が私は断然好み。「鉄柱」は面白かったけど、朱川さんらしさがあまり感じられなかったかな。安楽死がテーマの小説を立て続けに読んだ後ということもあり、しみじみ感じ入ることもなく、読むタイミングを間違えたかも。 …続きを読む
    アッシュ姉
    2016年04月21日
    82人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品