角川ホラー文庫

ハグルマ

現実とゲームの世界に狭間はあるのだろうか・・・

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年03月11日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784043693016
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ホラー文庫

ハグルマ

現実とゲームの世界に狭間はあるのだろうか・・・

  • 著者 北野 勇作
  • デザイン AD Second:Inc
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年03月11日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784043693016

現実とゲームの世界に狭間はあるのだろうか・・・

ゲーム開発会社に勤める男。彼は今まで経験したことがない程リアルなゲームの開発を命じられる。それは自殺した彼の同僚が会社に内緒で開発していたというものだった。ドグラ・マグラ的狂気が炸裂する破滅的ホラー!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ハグルマ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • あらすじと共に書かれていた「ドグラマグラ的狂気の宴がここに!」というフレーズにつられて手にとったのですが、読んで納得、この本は狂気に溢れています。夜中に読んでいたのですがひたすらに不気味で言葉にできな あらすじと共に書かれていた「ドグラマグラ的狂気の宴がここに!」というフレーズにつられて手にとったのですが、読んで納得、この本は狂気に溢れています。夜中に読んでいたのですがひたすらに不気味で言葉にできないような心地悪さを感じました。どこからが現実で、どこからがゲームの世界なのか境目がまったくわからず、むしろゲームの世界すらあったのか怪しく感じるほどでした。ただこの気持ち悪さがずっと続き、あまりストーリー的に変化もなかったので最後の方は惰性で読み続けてしまいました。グロい描写なんかは結構好みだったのですが… …続きを読む
    2013年05月09日
    25人がナイス!しています
  • 北野さんの作品は「きつねのつき」しか読んだことがなかったのでまず表紙に驚き、さらに裏表紙にあった「ドグラ・マグラ的狂気の宴」という謳い文句に惹かれ、図書館からお借りしてきました。生理的気持ち悪さは多少 北野さんの作品は「きつねのつき」しか読んだことがなかったのでまず表紙に驚き、さらに裏表紙にあった「ドグラ・マグラ的狂気の宴」という謳い文句に惹かれ、図書館からお借りしてきました。生理的気持ち悪さは多少ありますが、わけのわからないもの、という感じで怖さはあまり感じることはなく、文字数などの言葉遊びはありますが、するすると平坦な感じでラストまで読んでしまいました。ドグラマグラはちょっと言い過ぎのような…。怖さより得体のしれない気持ち悪さを楽しめる方にはよさそうです。 …続きを読む
    aquamarine
    2013年08月02日
    19人がナイス!しています
  • 雪が降って活動範囲が狭まる前にと、車で遠出しがてらに大規模書店巡り。その際にようやく北野勇作氏の本を一冊発見。まさかの角川ホラー文庫から「ハグルマ」を読了。カバー怖ぇ(笑) 物語は、ゲーム会社に勤める 雪が降って活動範囲が狭まる前にと、車で遠出しがてらに大規模書店巡り。その際にようやく北野勇作氏の本を一冊発見。まさかの角川ホラー文庫から「ハグルマ」を読了。カバー怖ぇ(笑) 物語は、ゲーム会社に勤める主人公が、制作半ばで自殺した後輩の手掛けていたタイトルを引き継ぐところから始まる。そのゲームは後輩が仕事の合間に半ば趣味で作り上げていたもので、販売不振で埃を被っていたバーチャル体験型ゲーム機でプレイするもの。データディスクからプログラムを解析できなかった主人公は、とりあえずテストプレイをしてみて …続きを読む
    みんち
    2016年11月25日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品