試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年03月11日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
226
ISBN:
9784041789704

かげろう日記

  • 著者 吉村 達也
  • デザイン 田島 照久
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年03月11日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
226
ISBN:
9784041789704

運命の死を知らず彼女は日記を綴りはじめた・・・・・・

恋人の茜と別れた輝樹は、彼女が殺されたことを知る。自分を束縛してきた茜が死んでホッとする輝樹だが、ある日、差出人不明のノートが郵送されてきた。それは、捨てられた茜が残した孤独の記録だった。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「かげろう日記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ある日突然、主人公の元へ送られてきた亡き元カノの“日記”‥ 内容は彼らが別れて四ヶ月経った頃から彼女が亡くなるまでの約半年間の心の内が覗けるというよくある失恋記録から始まるのだったが 次第に異常性を増 ある日突然、主人公の元へ送られてきた亡き元カノの“日記”‥ 内容は彼らが別れて四ヶ月経った頃から彼女が亡くなるまでの約半年間の心の内が覗けるというよくある失恋記録から始まるのだったが 次第に異常性を増し、そして溜まりに溜まった憎しみの念は‥という執念と情念と怨念を纏った呪いの物語。。こわい‥ “手となり声となる‥”この控え目なスパイスが意外な程に後を引く恐怖を生む。 …続きを読む
    Yu。
    2019年06月12日
    28人がナイス!しています
  • 死んだはずの昔の恋人から日記が届く。これだけである意味ホラーですが誰が日記を送ったのか、日記には何が書かれているのか…。昔の恋人とはいえ、他人の日記なんて読むもんじゃないなと思った。 死んだはずの昔の恋人から日記が届く。これだけである意味ホラーですが誰が日記を送ったのか、日記には何が書かれているのか…。昔の恋人とはいえ、他人の日記なんて読むもんじゃないなと思った。
    うさっち
    2019年06月14日
    22人がナイス!しています
  • 日記の内容よりも六回殺した理由の方が怖かった。 日記の内容よりも六回殺した理由の方が怖かった。
    じゅんぢ
    2017年04月14日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品