一瞬の光

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
592
ISBN:
9784043720019

一瞬の光

  • 著者 白石 一文
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
592
ISBN:
9784043720019

期待の新鋭、衝撃のデビュー作、待望の文庫化!

38歳の若さで日本を代表する企業の人事課長に抜擢されたエリートサラリーマンと、暗い過去を背負う短大生。二人が出会って生まれた刹那的な非日常世界を描いた感動の物語。直木賞作家、鮮烈のデビュー作。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「一瞬の光」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 絶句、、か、哀しい!あまりにも重い読後感に今相当のダメージを受けています。この感じ、これまでの読書経験の中でも初めてかも。主な人物は3人。語り手の『私』こと浩介は超一流企業で最速出世の道をゆく容姿端麗 絶句、、か、哀しい!あまりにも重い読後感に今相当のダメージを受けています。この感じ、これまでの読書経験の中でも初めてかも。主な人物は3人。語り手の『私』こと浩介は超一流企業で最速出世の道をゆく容姿端麗スーパーエリート。そして、家柄·性格·容姿全てを備えた瑠衣と、虐待·暴力·蔑みの中で辛うじて生きてきた香折という2人の女性。権力抗争、騙し裏切り、そして愛、読む勢いが止まらない❗辛すぎる展開にせめてハッピーエンドをと願うが、まさかの終盤!でも、貴女はきっと最後にかけがえのない幸せつかめたんだよね!傑作‼️🙇 …続きを読む
    三代目 びあだいまおう
    2019年02月26日
    262人がナイス!しています
  • 本書を最初に読んだ時の印象は良い本にめぐりあえて良かったということである。たまたま 本屋で見たその装丁とあらすじが面白そうだったから購入したのだが。会社におけるエリートが、人に裏切れながら愛を見出して 本書を最初に読んだ時の印象は良い本にめぐりあえて良かったということである。たまたま 本屋で見たその装丁とあらすじが面白そうだったから購入したのだが。会社におけるエリートが、人に裏切れながら愛を見出していくという話は白石一文の定番のようだが、最初に読んだこの本が一番良かった気がする。 …続きを読む
    遥かなる想い
    2010年04月30日
    178人がナイス!しています
  •  16作目のこれは、白石小説ベスト1です。随所にあるツッコミ所は、この著者の持ち味である。文中に鏤められた白石哲学は、デビュー作とは思えぬ円熟した味わいです。今作は、大企業の派閥抗争、政財界の癒着、ヤ  16作目のこれは、白石小説ベスト1です。随所にあるツッコミ所は、この著者の持ち味である。文中に鏤められた白石哲学は、デビュー作とは思えぬ円熟した味わいです。今作は、大企業の派閥抗争、政財界の癒着、ヤミ献金、政府開発援助(ODN)資金の還流などお仕事分野と、38歳の独身男と二人の女との愛と恋の二つの話を描いた物語です。個人的には、後者の話の方が断然面白い。仕事の部分は、もっと圧縮して300頁くらいに仕上げてほしかった。著者の語る、女性から見た「男性観」が面白い。もっと早く読むべきだった、と後悔している。 …続きを読む
    じいじ
    2018年05月09日
    123人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

白石 一文(しらいし・かずふみ)

1958年、福岡県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。文芸春秋に勤務していた2000年、『一瞬の光』を刊行。各紙誌で絶賛され、鮮烈なデビューを飾る。09年『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』で山本周五郎賞を、翌10年には『ほかならぬ人へ』で直木賞を受賞。巧みなストーリーテリングと生きる意味を真摯に問いかける思索的な作風で、現代の日本文学シーンにおいて唯一無二の存在感を放っている。『不自由な心』『すぐそばの彼方』『私という運命について』『神秘』『愛なんて嘘』『ここは私たちのいない場所』『光のない海』など著作多数。
★デビュー作『一瞬の光』は累計35万部を突破し、WOWOWにてドラマ化された『私という運命について』(主演:永作博美/角川文庫)は累計30万部とそれぞれロングセラーを記録しています。

最近チェックした商品