異界談義

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年07月19日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784048837576
ニコカド祭り2020

異界談義

  • 著者 京極 夏彦
  • 著者 小松 和彦
  • 著者 常光 徹
  • 著者 池上 良正
  • 著者 鈴木 一馨
  • 著者 山田 慎也
  • 著者 島村 恭則
  • 著者 内田 順子
  • 編者 国立歴史民俗博物館
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年07月19日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784048837576

日本が世界に誇る文化、妖怪、異界について考える

作家京極夏彦氏と異界研究の第一人者小松和彦氏が、日本が世界に誇る妖怪・異界文化について語りあう。さらに死者やあの世、風水など、さまざまな視点から異界について考察する。異界を知るための入門書。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「異界談義」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 主に妖怪などの怪異について書かれた本。京極夏彦さんの文は短いながらも妖怪について明快に論じていて入門に最適。個人的にはハロウィンのルーツが理解できたこと、韓国でも日本と酷似した怪談が流布されていること 主に妖怪などの怪異について書かれた本。京極夏彦さんの文は短いながらも妖怪について明快に論じていて入門に最適。個人的にはハロウィンのルーツが理解できたこと、韓国でも日本と酷似した怪談が流布されていることが面白くてよかった。 …続きを読む
    佐島楓
    2012年01月13日
    17人がナイス!しています
  • もともと妖怪はコト。鬼は死霊の魂。異界とはすぐ隣にあり何かの拍子に踏み込んでしまう今いる世界と違う異質な世界。中々今の世の中では、憑依や占いや妖怪などは娯楽として(パフォーマンス的に)作られたものと思 もともと妖怪はコト。鬼は死霊の魂。異界とはすぐ隣にあり何かの拍子に踏み込んでしまう今いる世界と違う異質な世界。中々今の世の中では、憑依や占いや妖怪などは娯楽として(パフォーマンス的に)作られたものと思って信じきれないけれど、その成立ちに思いいたると、それを心底信じていた(いる)人々の心情が判るような気がする。昔から、人間っていろいろ判らないことが多いと、物語を作って納得したいんだなぁ……。 …続きを読む
    eirianda
    2014年05月29日
    3人がナイス!しています
  • 民俗学的思考面白い。トトロにしても、千尋にしても、となりあった場所に、異界の入り口がある。押入の襖一枚むこうにも。 民俗学的思考面白い。トトロにしても、千尋にしても、となりあった場所に、異界の入り口がある。押入の襖一枚むこうにも。
    那由多不可思議
    2012年12月23日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品