世界の終わり、あるいは始まり

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年02月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
512
ISBN:
9784048733502

世界の終わり、あるいは始まり

  • 著者 歌野 晶午
  • 装丁 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年02月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
512
ISBN:
9784048733502

私の子供が誘拐犯なのか? 新境地を切り開く衝撃のサスペンス!

東京近郊で連続する誘拐殺人事件。被害者たちの父親の名刺がすべて、なぜか私の子供の部屋にある。そのとき父親がとった行動は? 衝撃の長編サスペンス!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「世界の終わり、あるいは始まり」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 話の終わりはやっぱり腑に落ちない。まだまだ修行が足りないのか。 話の終わりはやっぱり腑に落ちない。まだまだ修行が足りないのか。
    takaC
    2016年06月12日
    84人がナイス!しています
  • ちょっと!ちょっと!歌野さん?散々父親の妄想に振り回されて疲れたよー。でも結末が気になって止められなかったのに??ラストどうなるわけですか⁈ あー、パンドラの箱。怖い。 ちょっと!ちょっと!歌野さん?散々父親の妄想に振り回されて疲れたよー。でも結末が気になって止められなかったのに??ラストどうなるわけですか⁈ あー、パンドラの箱。怖い。
    choco
    2016年03月03日
    42人がナイス!しています
  • え?これで終わり?いろいろと想像させられる。カオスの箱の中で逃げ出さずに一つだけ残った希望の話、また、人はなぜ人を殺してはいけないのかという問い。心に残る。「なぜゴキブリは殺していいの?ニワトリは?人 え?これで終わり?いろいろと想像させられる。カオスの箱の中で逃げ出さずに一つだけ残った希望の話、また、人はなぜ人を殺してはいけないのかという問い。心に残る。「なぜゴキブリは殺していいの?ニワトリは?人の命とニワトリの命の違いは何?」 …続きを読む
    jima
    2015年10月11日
    29人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品