世界の終わり、あるいは始まり

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784043595044

世界の終わり、あるいは始まり

  • 著者 歌野 晶午
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784043595044

既存のミステリを超越した、衝撃の問題作!

東京近郊で連続する誘拐殺人事件。事件が起きた町内に住む富樫修は、ある疑惑に取り憑かれる。小学六年生の息子・雄介が事件に関わりを持っているのではないか。そのとき父のとった行動は……衝撃の問題作。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「世界の終わり、あるいは始まり」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 自分の息子が犯罪者ならどうするっていう話。アドベンチャーゲーム感覚です。 自分の息子が犯罪者ならどうするっていう話。アドベンチャーゲーム感覚です。
    ダイ
    2013年08月31日
    180人がナイス!しています
  • 子供の親としてぞっとする話。しかし、真ん中くらいで終わりと思ったら回想、また終わりと思ったら回想の繰り返し。いったい何が本当と思い、いつか、雄介が無実だったらと期待しながら、最後は救われない現実にさら 子供の親としてぞっとする話。しかし、真ん中くらいで終わりと思ったら回想、また終わりと思ったら回想の繰り返し。いったい何が本当と思い、いつか、雄介が無実だったらと期待しながら、最後は救われない現実にさらに収束する。新保氏の「ボーダーライン」にも打ちのめされたが、この話も子供が小さいのと、言い方は正しくないが、真っ直ぐ歪んでいるのに凹む。歌野氏の才能は認めるが、あまりにも救いの無い話に心が揺るぎます。良い学校に入れなくていいから、人として真っ直ぐ育ってほしいと強く望みます。 …続きを読む
    再び読書
    2014年12月10日
    144人がナイス!しています
  • 序盤から一気に引き込まれぐいぐい読み進め、この先どうなるの?えっ!?そうなるの?じゃあ、その続きは。。。と思ったら、へっ?えっ?ナニコレ?パラレルワールド?妄想?夢?なんだこれ?が繰り返されるという一 序盤から一気に引き込まれぐいぐい読み進め、この先どうなるの?えっ!?そうなるの?じゃあ、その続きは。。。と思ったら、へっ?えっ?ナニコレ?パラレルワールド?妄想?夢?なんだこれ?が繰り返されるという一風変わった構成でした。しかもどのルートに進んでも生きるも死ぬも地獄。メンタル削られました。ラストはお茶を濁された感が否めず主人公一家が結局どうなったのか気になります。 …続きを読む
    あっちっち
    2014年11月15日
    132人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品