次郎長放浪記

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年02月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041459690

次郎長放浪記

  • 著者 阿佐田 哲也
  • イラスト 黒鉄 ヒロシ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年02月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041459690

阿佐田ワールドの異色作登場!

阿佐田哲也の作品の中でも、異色中の異色作といわれる作品。清水の次郎長を主人公にすえ、阿佐田作品に多い一匹狼ではなく、無法者の集団を構成していく過程をギャンブル色豊かに描いた時代小説風ギャンブル小説。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「次郎長放浪記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 麻雀放浪記に嵌ったのが高校時代、あれから30年、次郎長様のお通りだい。 麻雀放浪記に嵌ったのが高校時代、あれから30年、次郎長様のお通りだい。
    猪子恭治
    2002年06月21日
    2人がナイス!しています
  • 負け博打を続ける若者が、どう生きるか、どうのし上がるかともがいている様がありありと、一種の青春物語だね。私はもともとの次郎長を知らないので、うーん今ひとつ。阿佐田哲也の小説としても、今ひとつ。 解説の 負け博打を続ける若者が、どう生きるか、どうのし上がるかともがいている様がありありと、一種の青春物語だね。私はもともとの次郎長を知らないので、うーん今ひとつ。阿佐田哲也の小説としても、今ひとつ。 解説の筑紫哲也も書いているけれど、なぜに阿佐田哲也が次郎長なのだろうか??? …続きを読む
    4545
    2004年04月11日
    0人がナイス!しています
  • 堅気の暮らしがつまらないからって、やくざになったって結局幸せにはなれないということか。やくざが好きならいざ知らず。人殺しとか詐欺とかそういうことが。 堅気の暮らしがつまらないからって、やくざになったって結局幸せにはなれないということか。やくざが好きならいざ知らず。人殺しとか詐欺とかそういうことが。
    sakamoto
    2013年12月10日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品