この闇と光

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041785041

この闇と光

  • 著者 服部 まゆみ
  • イラスト 鈴木 一誌
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041785041

優美な謎と繊細な叙述トリックで綴られた、ゴシック・ロマンの傑作!

父王が失脚し、森の中の別荘に幽閉された盲目の姫君・レイア。父と召使いのダフネだけがレイアの世界の全てだった。ところがある日、レイアがそれまで信じてきた世界は、音を立てて崩れ去ってしまう――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「この闇と光」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 盲目のレイアは父から一身の愛情を捧げられ、俗物を蔑むことと高尚なる知識と書物を教えられる。一方では監視役のダフネから敵意と憎悪に怯えて暮らす。「ずっとお城で暮らしている」のような閉じられ、甘くて昏い居 盲目のレイアは父から一身の愛情を捧げられ、俗物を蔑むことと高尚なる知識と書物を教えられる。一方では監視役のダフネから敵意と憎悪に怯えて暮らす。「ずっとお城で暮らしている」のような閉じられ、甘くて昏い居心地のいい世界。しかし、レイアは俗物のいる外界へ出て行かなければならない。とレイアの森茉莉の「甘い蜜の部屋」のモイラのようだと思いました。やがて盲目だった目が啓けたことによる見えることへの喜びと次第に夢見たものが色褪せていくことは「ユージニア」の彼女を彷彿とさせ。そして、レイアは自身の光と闇に自ら、囚われる。 …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2013年04月26日
    53人がナイス!しています
  • 父王が失脚し森の別荘に幽閉される盲目の姫君レイア。父と召使いダフネが世界のすべてだったレイアだが、ある日その世界が瓦解するファンタジーミステリー。長閑で幻想的な別荘生活と、目が見えない恐怖感や何か裏が 父王が失脚し森の別荘に幽閉される盲目の姫君レイア。父と召使いダフネが世界のすべてだったレイアだが、ある日その世界が瓦解するファンタジーミステリー。長閑で幻想的な別荘生活と、目が見えない恐怖感や何か裏がありそうな不安感との対比が良かったです。ダフネに連れられ町に出てからの展開が面白く、これまでの世界を壊された爽快感があります。予備知識なしで読みたい美しい物語でした。 …続きを読む
    rio
    2015年01月02日
    44人がナイス!しています
  • 前半部分はファンタジーと現実の境界線を巧みに描く。草枕が出たあたりから今ひとつ乗り切れなく残念。 前半部分はファンタジーと現実の境界線を巧みに描く。草枕が出たあたりから今ひとつ乗り切れなく残念。
    コットン
    2013年03月14日
    44人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品