日本語の外へ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
624
ISBN:
9784041371947

日本語の外へ

  • 著者 片岡 義男
  • 装丁 平野 甲賀
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
624
ISBN:
9784041371947

日本語の自家中毒の外へ。話題のスリリングな論考エッセイ。

日本語の外に広がる英語世界の裾野。日本語で考えるとはどういうことなのか、英語で生きる人たちのロジックとストーリーを追い詰め、日本語を逆照射させる話題の論考。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「日本語の外へ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 世に日本人を論じた本は数多と存在する。だが、ここまで説得力を以て日本人の特色に切り込み、日本語と英語の相違を丁寧に分析した本はそう存在しない。片岡義男というひとりの「外人(Stranger)」は、その 世に日本人を論じた本は数多と存在する。だが、ここまで説得力を以て日本人の特色に切り込み、日本語と英語の相違を丁寧に分析した本はそう存在しない。片岡義男というひとりの「外人(Stranger)」は、その持ち前のフェティッシュな言葉への感受性を駆使して日本語と英語を考察し、そこから日本人とアメリカ人の意識の違いへと目を向ける。単純な「日本語は非論理的だ」という意見に堕することなく、英語を称揚する単細胞的な視点にも与せず、彼は孤独に論じる。やや独りよがりに終わってないかという危惧もあるが、しかし読ませて唸らせる …続きを読む
    踊る猫
    2021年10月12日
    29人がナイス!しています
  • 湾岸戦争をテレビ報道(だけ)でつぶさに追うという試みから始まり、日本とアメリカの関係、日本語と英語の相違についてを非常に丹念に整理し、自分なりの考察を重ねて書き記したという野心作。社会学・言語学・歴史 湾岸戦争をテレビ報道(だけ)でつぶさに追うという試みから始まり、日本とアメリカの関係、日本語と英語の相違についてを非常に丹念に整理し、自分なりの考察を重ねて書き記したという野心作。社会学・言語学・歴史といった幅広いジャンルを越境して自在に考察を重ねられるのは、アカデミシャンではない「作家」という立場だからこそだろう。その強度は、湾岸戦争から二十年以上経った今も衰えていない。徒手空拳、という言葉を思い出した。孤独な一匹狼である著者が、他のどんな知識人の威も借りず織り成した思考はこんなにもオリジナルに結晶した …続きを読む
    踊る猫
    2019年11月08日
    26人がナイス!しています
  • 徒手空拳、という言葉が似合う。誰の理論を箔をつけるために使うこともせず(それは一歩間違えれば独りよがりに終わることを意味するだろう)、ひとりの日本人である「片岡義男」の立場/視点から日本をフェアに見つ 徒手空拳、という言葉が似合う。誰の理論を箔をつけるために使うこともせず(それは一歩間違えれば独りよがりに終わることを意味するだろう)、ひとりの日本人である「片岡義男」の立場/視点から日本をフェアに見つめようとする。故に危険な議論の展開も見られ、例えば展開される言語論をソシュールやウィトゲンシュタインを踏まえた立場から読めばどうなるだろうか、とヒヤヒヤしてしまいもする(当然だが、私にそんな能力はない)。とまあ腐すようなことを書いてしまったが、それを踏まえても力作の評論である。私もまた日本語使いとして反省する …続きを読む
    踊る猫
    2022年03月08日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品