アリス Alice in the right hemisphere

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年03月11日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784043464036

アリス Alice in the right hemisphere

  • 著者 中井 拓志
  • デザイン 田島 照久
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年03月11日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784043464036

その少女の名はアリス。持つべきではない力を持たされてしまった運命の少女

千葉にある「潜在能力研究所」で「右脳開発セミナー」参加者に集団的な意識障害が発生する。現場に送られた、近くの総合病院の研修医・三國は、患者たちの症状を側頭葉癇癪と診断するが……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「アリス Alice in the right hemisphere」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ホラー文庫だが、9.7次元という「世界認識」を他人に伝達する能力者であるアリスの覚醒、そのアリスの\S\に曝されると普通の人間は死ぬか回復不能なほどの重度の精神障害を負う、という設定についていくのは、 ホラー文庫だが、9.7次元という「世界認識」を他人に伝達する能力者であるアリスの覚醒、そのアリスの\S\に曝されると普通の人間は死ぬか回復不能なほどの重度の精神障害を負う、という設定についていくのは、ハードSFを読む感覚に近い。そりゃ最初から視覚化も言語化も不可能な設定を小説にするというのだから…ムチャだ(笑) 無謀な小説だと思うし、やはりというか肝心の「アリスのS」の表現はもどかしいくらいに言葉が足りない。そりゃそーだ。最初から言語化できるわけがない話なんだから。でも意欲的な作品だと思う。シビレた。 …続きを読む
    ジンベエ親分
    2018年04月01日
    40人がナイス!しています
  • 再読。随分前にタイトルとサヴァン能力につられて買ったは良いんだけど、アリスの能力についての説明が全くピンと来ないのは今も昔も変わらなかった…専門用語的なものの羅列部分以外は楽しめたかな。ホラー要素は薄 再読。随分前にタイトルとサヴァン能力につられて買ったは良いんだけど、アリスの能力についての説明が全くピンと来ないのは今も昔も変わらなかった…専門用語的なものの羅列部分以外は楽しめたかな。ホラー要素は薄め?それにしても虹色の蝶の群れ、綺麗なんだろうなーと一瞬思って億単位だったことを思い出して考えるのをやめたww …続きを読む
    ひろみ
    2015年03月25日
    13人がナイス!しています
  • 『アリス』という得体の知れない少女を巡ってのお話しでした。哲学書というか、脳に関する専門書を読んでいるようで、かなり難しかったです。好き嫌いが分かれる作品だと思いました。 『アリス』という得体の知れない少女を巡ってのお話しでした。哲学書というか、脳に関する専門書を読んでいるようで、かなり難しかったです。好き嫌いが分かれる作品だと思いました。
    そのぼん
    2011年12月07日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品