黒い春

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2000年03月06日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048732086
ニコカド祭り2020

黒い春

  • 著者 山田 宗樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2000年03月06日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048732086

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「黒い春」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 突然咳き込み、黒い粉状のものを吐き出して亡くなる「黒手病」。5月に突然発症し、発症した人間は必ず死に至る恐ろしいもの。その病と闘う、監察医や感染症研究のスペシャリストたち。かなり前に読んで印象深かった 突然咳き込み、黒い粉状のものを吐き出して亡くなる「黒手病」。5月に突然発症し、発症した人間は必ず死に至る恐ろしいもの。その病と闘う、監察医や感染症研究のスペシャリストたち。かなり前に読んで印象深かったけれど、読み返してもやはり面白かった。家族のきずなや愛情も含め、読みごたえのある1冊です。雪子さん、残念でした…。 …続きを読む
    ゆみねこ
    2017年11月26日
    72人がナイス!しています
  • 発症すれば30分で死に至る黒手病。原因をたどれば、先に読んだ「比ぶ者なき」の、今となってはわかりようもない時代にまで逆上る。25年以上も前の作品だが、何ら違和感を感じない。現在も怖ろしい感染症が現れ、 発症すれば30分で死に至る黒手病。原因をたどれば、先に読んだ「比ぶ者なき」の、今となってはわかりようもない時代にまで逆上る。25年以上も前の作品だが、何ら違和感を感じない。現在も怖ろしい感染症が現れ、対策はすぐには見つからない。安易に未知のものへ手を出してはいけないという警告か。それまでは特に好意を抱く存在でもなかったが、死を覚悟した幼い子を持つ母親の、残される家族への思い、その強さが、いっそう切ない。 …続きを読む
    クリママ
    2017年01月11日
    43人がナイス!しています
  • 怖い、すごく怖い。発症したら黒い唾液が出て、黒い粉を吐きながら100%死ぬ。。。治療法も予防法もない…花粉症用マスクだけで防げるわけが無い!こんなの流行ったら家から一歩も出れない。読み応えと一気読みさ 怖い、すごく怖い。発症したら黒い唾液が出て、黒い粉を吐きながら100%死ぬ。。。治療法も予防法もない…花粉症用マスクだけで防げるわけが無い!こんなの流行ったら家から一歩も出れない。読み応えと一気読みさせるのはさすが!! …続きを読む
    のあ
    2017年04月24日
    40人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

山田 宗樹(やまだ・ むねき)

1965年愛知県生まれ。
筑波大学大学院修了後、製薬会社で農薬の研究開発に従事。
その後『直線の死角』で第18回横溝正史ミステリ大賞を受賞し作家デビュー。
2006年に『嫌われ松子の一生』が映画、ドラマ化され大ヒット作となる。
2013年『百年法』で第66回日本推理作家協会賞を受賞。その他著作に『ジバク』『ギフテッド』など。

最近チェックした商品