玩具修理者

映画化作品|コミカライズ化作品

第2回 日本ホラー小説大賞 短編部門 受賞作

玩具修理者

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1999年04月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043470013
label

映画化作品|コミカライズ化作品

第2回 日本ホラー小説大賞 短編部門 受賞作

玩具修理者

  • 著者 小林 泰三
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
1999年04月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043470013

国内ホラー史に残る不朽の短編名作にして、衝撃の著者デビュー作!

玩具修理者はなんでも直してくれる。
どんな複雑なものでも。たとえ死んだ猫だって。壊れたものを全部ばらばらにして、奇妙な叫び声とともに組み立ててしまう。

ある暑すぎる日、子供のわたしは過って弟を死なせてしまった。
親に知られずにどうにかしなくては。
わたしは弟を玩具修理者のところへ持ってい
くが……。

これは悪夢か現実か。
国内ホラー史に鮮烈な衝撃を与えた第2回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作。

解説・井上雅彦
玩具修理者はなんでも直してくれる。
どんな複雑なものでも。たとえ死んだ猫だって。壊れたものを全部ばらばらにして、奇妙な叫び声とともに組み立ててしまう。

ある暑すぎる日、子供のわたしは過って弟を死なせてしまった。
親に知られずにどうにかしなくては。
わたしは弟を玩具修理者のところへ持ってい
くが……。

これは悪夢か現実か。
国内ホラー史に鮮烈な衝撃を与えた第2回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作。

解説・井上雅彦

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

おすすめコメント

邪悪なほどにロジカルで、恐ろしいのにユーモラスな不思議な逸品。
一度読んだら絶対忘れられない傑作です!

「玩具修理者」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • SFホラー作家・小林泰三のデビュー作品集ですね。表題作『玩具修理者』はシンプルですが生理的な嫌悪感が込み上げてくる悪夢の如き名作ですね。近所に住む玩具修理者は、どんなものでも一旦全てのパーツをバラバラ SFホラー作家・小林泰三のデビュー作品集ですね。表題作『玩具修理者』はシンプルですが生理的な嫌悪感が込み上げてくる悪夢の如き名作ですね。近所に住む玩具修理者は、どんなものでも一旦全てのパーツをバラバラにして最後には治してくれる。死んだ猫でさえ治してくれるのだから、姉の私は誤って死なせてしまった幼い赤ん坊の弟の死体を持って行くのだが…。まあ意外性はそれ程ではありませんが、著者が考え出した「悪夢の童話」と言うべき1アイディアの勝利ですね。玩具修理者の呼び名「ようぐそうとほうとふ」も不気味さを盛り上げています。 …続きを読む
    夢追人009
    2022年08月04日
    333人がナイス!しています
  • 短編【玩具修理者】は昔貸本で読んだ日野日出志の漫画の様、白や黄色やオレンジの汁にまみれたシュールな恐怖。シンプルな物語だが強烈なインパクトを残す。続けて次の中編【酔歩する男】を読み始めるが。これは、俺 短編【玩具修理者】は昔貸本で読んだ日野日出志の漫画の様、白や黄色やオレンジの汁にまみれたシュールな恐怖。シンプルな物語だが強烈なインパクトを残す。続けて次の中編【酔歩する男】を読み始めるが。これは、俺の様なメンヘラは読んでは駄目な物語だった。ぐるぐる、ぐるぐる。読んでも読んでも終わりの見えない絶望的な反復。このまま俺が、ずっとこの物語に取り込まれたままになってしまいそうな恐怖。ああ、やっと終わった。ところで今、風呂から上がってきた妻は、俺の知っている女だろうか。恐る恐る、振り返る。 …続きを読む
    青乃108号
    2022年06月12日
    276人がナイス!しています
  • なかなか気持ち悪くも興味深く読んだ後は、周囲に疑心暗鬼を生ずるばかり…表題作「玩具修理者」は、40頁程のボリュームながら結構グロく不可思議でいて、最後にゾクっと落とす切れ味は抜群。もう一編「酔歩する男」 なかなか気持ち悪くも興味深く読んだ後は、周囲に疑心暗鬼を生ずるばかり…表題作「玩具修理者」は、40頁程のボリュームながら結構グロく不可思議でいて、最後にゾクっと落とす切れ味は抜群。もう一編「酔歩する男」はいわゆるタイムリープ物だが、その事象への憧景を徐々に躊躇へと変えさせる恐怖は見事だ。その時間や意識といった概念の理論付けを完全理解するには至らないが、それでも実在と不実在、波動の発散と収束、原因と結果などの関係性は体感出来たつもり(笑)明朝、目を覚まして見るのは虚構あるいは現実か、不安ながらも目を閉じる… …続きを読む
    nobby
    2018年03月06日
    181人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品