狂い壁狂い窓

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1993年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041883013

狂い壁狂い窓

  • 著者 竹本 健治
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1993年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041883013

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「狂い壁狂い窓」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 昔産婦人科病院だった樹影荘の住人たちに忍び寄る不気味な数々。 昔産婦人科病院だった樹影荘の住人たちに忍び寄る不気味な数々。
    マンダリン
    2019年11月15日
    37人がナイス!しています
  • 残暑厳しき日曜日、何を読もうか熟考した末に選んだ本書。バリバリのホラーだと思っていたら、実は---。ジャンル違いだということを20年以上も思い込んでいました。確かにホラーではあるんだけど、ミステリ要素 残暑厳しき日曜日、何を読もうか熟考した末に選んだ本書。バリバリのホラーだと思っていたら、実は---。ジャンル違いだということを20年以上も思い込んでいました。確かにホラーではあるんだけど、ミステリ要素が大きいことに途中で気が付いてビックリするという。叙述トリックあり、ミッシングリンクあり。まあ現代で言うところの「イヤミス」の一種ですかね。長年のモヤモヤが解消できてスッキリしました。 …続きを読む
    うえぴー
    2015年08月23日
    14人がナイス!しています
  • あとがきで作者が述べていたが、とにかく怖くするために単語が放つ音から文字の見た目までとことんこだわったそうだ。その成果があって、かなり怖い。じっとりとした湿り気を帯びた文体は昨今の日本製ホラー映画のテ あとがきで作者が述べていたが、とにかく怖くするために単語が放つ音から文字の見た目までとことんこだわったそうだ。その成果があって、かなり怖い。じっとりとした湿り気を帯びた文体は昨今の日本製ホラー映画のテイストが横溢しており、非常に視覚的だ。元産婦人科病院いう舞台設定もかなり効果的。そして結末は意外。なんせそういう風に読んでいなかったもんで・・・。人に勧めたらあまりに怖くて10ページも行かずに止めたって云ってた。 …続きを読む
    Tetchy
    2009年09月30日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品