キッチン

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1998年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041800089

キッチン

  • 著者 吉本 ばなな
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1998年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041800089

唯一の肉親であった祖母を亡くし、祖母と仲の良かった雄一とその母(実は父親)の家に同居することになったみかげ。日々の暮らしの中、何気ない二人の優しさに彼女は孤独な心を和ませていくのだが……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「キッチン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • (再読)『キッチン』そしてその続編『満月』は家族という既成概念を覆す物語だ。血縁ではなくとも、信頼と尊敬と愛情があって、それぞれが選んだ生き方や個性や考え方を尊重しつつも、必要な時には土足で踏み込んで (再読)『キッチン』そしてその続編『満月』は家族という既成概念を覆す物語だ。血縁ではなくとも、信頼と尊敬と愛情があって、それぞれが選んだ生き方や個性や考え方を尊重しつつも、必要な時には土足で踏み込んでゆく。それはもう家族だ。どんな形であっても、誰が何と言おうと。10代の時にこの本に出会い、吉本ばななが大好きになった。家族とか愛情とか、いろいろな形があってもいいという事に救われたのだと思う。あの頃は私も若かったので言語化できなかった。時を経てやっと、本当にこの作品を理解できたように思う。何だかとても嬉しい。 …続きを読む
    風眠
    2015年07月05日
    407人がナイス!しています
  • 30年位前、私が高校生の頃流行った本。当時は偏見で、今更初読。バブル期特有なのか設定がぶっ飛びすぎ、女子の言動がなんだか浅はかな感じ、底辺に死が漂うことなどから「ノルウェイの森/村上春樹」と似ている。 30年位前、私が高校生の頃流行った本。当時は偏見で、今更初読。バブル期特有なのか設定がぶっ飛びすぎ、女子の言動がなんだか浅はかな感じ、底辺に死が漂うことなどから「ノルウェイの森/村上春樹」と似ている。大事な人を亡くした喪失感、何もできなくなる感じ、心情の描写が秀逸で、そして支え合える人がいることが救われる、と分かった。その様はとてもあたたかいと感じた。「なぜ人はこんなにも選べないのか。虫ケラのように負けまくっても、ごはんを作って食べて眠る。愛する人はみんな死んでゆく。それでも生きてゆかなくてはいけない。」 …続きを読む
    ソルティ
    2020年06月08日
    313人がナイス!しています
  • 名前は知ってましたが、著者名と作品名が私には相性悪かったのかこれまで全く食指も興味もありませんでした。やはり読メがきっかけです。そしてまた、そのきっかけに大感謝させられるとは(驚) 短編3編で200頁 名前は知ってましたが、著者名と作品名が私には相性悪かったのかこれまで全く食指も興味もありませんでした。やはり読メがきっかけです。そしてまた、そのきっかけに大感謝させられるとは(驚) 短編3編で200頁程度、共通する素材は『大切な人の死』心にぽっかりと空いた穴と孤独感は、今のこの悲しみから一歩も動きたくない進めない!でも無情にも時は進む。戻したいのに時は進む。誰しもが経験するであろうその辛さ痛みに、著者の優しく美しき文字と旋律がほのかな癒しとなって心を包む。なるほど名著。ばなな本、次は何がいいのやら‼️🙇 …続きを読む
    三代目 びあだいまおう
    2019年01月05日
    292人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品